悪魔達の侵略6(20130104)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「な、なんの光だ!」
突然放たれた光から咄嗟に目を庇っていた、レオルスはゆっくりと右腕を下げる。
目の前で輝く激しい光に、フラメルとパピメルも目を塞いでいた。
三人は各々、目の前で石化していたクレイルを確認すると――
そこには、石から解放され、ゆっくりと目を開けるクレイルの姿があった。
「お兄ちゃん!」
フラメルが真っ先に声を上げて、クレイルに抱きつく。
「兄さん!」
パピメルも、自分の無事を知らせるために、クレイルの元へ寄った。
「フラメル……」
目覚めと共に、避ける暇もなくフラメルに抱きつかれていたクレイルだが、いつもの様に邪険に扱ったりはしない。
すぐ側にいたパピメルを見てクレイルは一安心する。
「パピメル、おかえり」
「ただいま。兄さん」
「よかった、パピちゃんもお兄ちゃんも無事で……!」
クレイルを見上げるフラメルの瞳には涙が浮かんでいる。
「あぁ。大丈夫だよフラメル」
それを聞いて、フラメルはようやくクレイルから離れる。
フラメルの隣には、真剣な顔をしたレオルスがいた。
「レオルス、助かりました。秘薬はうまくいったようですね」
「あ、あぁ。それより、大丈夫なのか?」
「えぇ、身体に問題はありません。ただ……魔力はお互いに振り出しの状態ですね。増強された魔力は恐らく全て持っていかれましたから……」
クレイルが自分の両手を見る。
根こそぎ持って行かれた魔力は、回復するまで時間がかかりそうだった。
そして、クレイルはマグナの言葉を思い出す。
魔獣<レッドデスサイズ>
それがやって来るとすれば、通ってくる魔界の門は森の奥。
クレイターローズがある場所からではないかと、そびえていたはずの樹を見る。
「クレイターローズが燃えている? 魔女たちが既にこの場に?」
クレイルが森の奥で天高く燃え盛る炎を見て言う。
炎は止まることなく、周囲の木々にまで燃え移ろうとしていた。
近く寄らず、魔力を吸収するクレイターローズに向かって、魔力以外で炎を移す方法があるのか?
だが、クレイルのその言葉に、レオルスが首を横に振って答える。
「いや、魔女たちはまだ来てねーよ」
「では、一体誰が? どうやってあの樹を……」
「ヘリコプターがきて、ミサイルみたいのが飛んでいったの」
「ヘリコプター?」
「うん」
フラメルが言ったそれを聞いて、まさかと思いクレイルがある人物を頭に浮かべた、刹那、
その場を異様な波動が襲い、全員が森の奥へと目を向ける。
いつの間にか、空からは音も無くブラッドローズが舞い落ち、森へと降り注いでいた。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。