悪魔達の侵略1(20130104)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

暗黒の空に閃光を走らせ、雷鳴が轟く。
そこは瘴気(しょうき)が溢れる、正しい世界の裏側。
美しい生命が生きる事を許されないその空間こそ、知る人ぞ知る<魔界>である。

魔界の住人である悪魔、「ティピード」は今日も待ち続けていた。
することも無く、冷たい岩の上に座りながら片目で空を見上げ、落雷の数を数えながら一度大きなあくびをする。
もうすぐ、表側の世界に繋がる門が開くと言われ、開き次第すぐに先頭に立って進むことを許されたのだ。
先頭に立てば、進入を防ごうとする相手との戦いは必須。
合図を待つが、それが来ないまま、退屈な時間は容赦なく過ぎていく。
シャドウリザードがティピードに気付かずに、岩の上を走っているのを見て、素早くそれを捕らえた。
リザードの頭をと腹を掴み、思い切りそれを左右に引きちぎる。
頭部を地面に投げ捨てると、やがてそれが再生して一匹のシャドウリザードとなり走り去った。
近くにいた、黒い身体の四肢を持つ獣が、その様子をじっと見ている。
「なに見てんだよ」
ティピードは手元に残ったシャドウリザードを口の中に放り投げた。
その時、
「お待たせティピード。遂に門が開くわよ」
突然現れた女の悪魔が、笑みを浮かべながら歩いてくる。
ティピードは口に入れたシャドウリザードを飲み込むと
「ビービー、待ちくたびれたぜ。いつでもいける」
そう答えて、立ち上がった。
二人とその隣にいた一匹の黒い獣は、魔界に現れた空間の裂け目に滑るように入り、光る出口を探して進んだ。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。