秘境の魔女28(20121109)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「お兄ちゃん! レオ君!」
フラメルが戻ってきた二人に声をかける。
「ただいま。パピメルは?」
レオルスは無言のままテンペストから降り、先に降りたクレイルはしまっていた水筒を取り出す。
「ううん、まだ一度も目を覚ましてないよ……」
いつもは笑顔を振りまくフラメルの表情がこんなにも暗い。
クレイルは、もう少しだけ我慢して欲しいと思い、心の中で謝りながら、玄関へ向かうすれ違い様にフラメルの頭に掌を乗せて言う。
「大丈夫、必ず治してみせるよ。約束する」
「うん……」
しょんぼりと頷く妹の頭をそっと撫でる。
「パピメルを救うための秘薬を作る。僕とレオルスはもう一度だけ出かけなければならない。でも次で素材集めは終りだ。戻ってきたら薬が完成するよ」
うん、ともう一度フラメルが頷くと、クレイルは手にしていた水筒をフラメルに渡した。
「これが材料?」
「あぁ、でもまだ開けない様に。危険なものが入っているから」
「うん。わかった」
「あと、これも一緒に置いておいてくれ」
クレイルは次に、秘境で叔母のティファレットから受け取った<グラトンポット>をフラメルに渡す。
フラメルは何も言わずにクレイルからそれを受け取った。
「レオルス、森へ向かう前に準備を――」
クレイルがテンペストのそばにいるレオルスへ振り返ったその時
「おーい!」
と、遠くで手を振りながら声をかける人物の姿が見えた。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。