大血管障害の予防


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

予防関連エトセトラ

コレステロール

  • 低LDLレベルでも、高HDLは独立して心血管イベントの減少と関連している。(NEJM 2007:357;1301)
    • TNT studyのpost_hoc解析。
対象 CVD患者にアトルバスタチン10 or 80mgを投与し、平均LDLが101mg/dL, 77mg/dLとなっている患者9770人。
結果 LDLにより層別化すると、HDLの連続変数あるいはカテゴリとしての心血管イベント減少との関連はborderline significanceとなった(p=0.05)。LDL<70の患者において、最高四分位のHDLグループでは最低四分位とくらべ心血管リスクが低かった(p=0.03)

ビタミン

  • ビタミンC, E, \betaカロテンは心血管イベントを予防しない。(ArIM 2007;167:1610.)
対象 CVD riskを3つ以上有する女性8171、40歳以上、mean 60歳
デザイン ビタミンC 500mg/d、ビタミンE 600IU/隔日、ベータカロテン50mg隔日を単独または併用。主要エンドポイントは心筋梗塞、脳卒中、心血管再建術、心血管死の複合アウトカム
結果 mean 9年のフォロー中1450人にCV event発症。ビタミンC(p=0.71)、ビタミンE(p=0.23), ベータカロテン(p=0.71)といずれもリスク減少効果を認めず。CVDの既往歴のあるサブグループで、ビタミンEがかろうじて有意な減少(RR 0.89, 95%CI 0.79-1.00, p=0.04、相互作用ありで0.07)。主要アウトカムに対する有意な相互作用を認めず。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。