全ゲノム関連研究における複雑な疾患座位のマッピング


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

メンバーにKruglyakがはいっている!

冒頭

  • population attributable fraction (PAF): 座位が公衆衛生に与える影響
    • そのリスクファクターを取り去ったときに除去される病気の割合を示す。
    • cystic fibrosisなどのまれな単一遺伝のメンデル遺伝疾患ではPAFは50%を上回る。
    • ありふれた疾患におけるまれなアレルでは(リスクが強くても)一般に10%を下回る。
    • ありふれたそれなりのリスクのアレルのほうがPAFは大きい。これをcommon disease/common variant (CDCV)仮説と呼ぶ。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。