複合型ヒト形質遺伝子を局在するための数学的な多座位アプローチ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

冒頭

  • 遺伝的マッピングの原理は、疾患とマーカー座位との組換え割合が小さいということは、そこに疾患遺伝子が存在することを意味するというものである。
  • ここではハプロタイプ解析について言及しない。
  • 一般にmultipoint analysisとは、joint analysis of multiple neighbouring marker lociのことであって、ゲノム上のその他の部位にあるdisease lociと独立したdisease locusの局在を求めることが目的である。
  • ここでいうmulti-locus methodsとはそれとは異なり、異なった染色体上にあるmultiple disease lociを発見するためにデザインされたアプローチのことである
ってことは知りたいことと違うじゃん!→中止
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。