genealogy


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 語源は、ギリシャ語のgenea="family"と、logos="knowledge"
  • 日本語では家系学??よく系図と訳されているようだがなんかヘンだ。
  • そもそも古きよきgenealogyは言い伝えなどによる家系を研究していたのだそうだ
  • ここで言うのはgenetic genealogy
  • そもそもチャールズ・ダーウィンの子ジョージが姓の情報を元にfirst-cousin marriageの頻度を推定したのが最初。
  • その次の進歩は1990年代、Y染色体を使ったもの。Karl Skoreckiは、一人の聖者Aaronの末裔だとされるKohenについて、本当に全員が一人の人の血をひいているのであればY染色体になんらかの共通性があるものと考えた。実際にKohenに特有で、他のユダヤ人集団にはあまり見られない遺伝的マーカーが発見された。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。