SLE


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

症状

lupus headache

  • 2000年版SLEDAIでは、最高のスコア8を与えられている。
  • ところがACR NP-SLE 1999年版診断基準には含まれていない
  • SLEDAIによるとsevere, persistent headache; may be migrainous, but must be nonresponsive to narcotic analgesia
  • Omdalによるとsevere, disabling, persistent and not responsive to narcotic analgesics.
  • Mitsikostas et al. Brain 2004;127:1200.
基準 30人以上のSLE患者の研究35件のうち、IHS頭痛基準に合致した基準を用いた8スタディのメタアナリシス。前向き研究はひとつもない
結果 プールされたデータより、57.1%のSLE患者に何らかの頭痛の訴えがあった(片頭痛 31.7% 、緊張型頭痛23.5%)。頻度、内訳とも一般集団と違いがなかった

治療

  • Monneaux F and Muller S. Adv Exp Med Biol 2007;601:105.
    • alternativeな治療として、自己抗原由来のペプチドをもとにした自己反応性T細胞特異的な治療を提唱。アブストだけではよくわからない。

予後

  • Swaak AJ et al. ARD 1989;48:447.
患者 110人(オランダ)
結果 96/110(87%)が10年後まで生存、女性85/94(90%)、男性11/16(69%)。
この間に増悪のなかった患者では10年生存率は100%で、1、2、3回の増悪があると10年生存率は91、69、33%となる。
  • Ward MM et al. A&R 1995;38:274. PMID 7848319
患者 408SLE患者、うち177は黒人女性、162は白人女性、49は白人男性、20は黒人男性
フォローアップ median 11年(0.1-22年)
結果 5-、10-、15-年生存率はそれぞれ82、71、63%であった。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。