論文抄読


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

20071025Molitor et al空間クラスタリング手法による多重突然変異のある疾患遺伝子のファインマッピング AJHG 2003;73:1368ファインマッピング
20071008Wang and Abbott多点遺伝的関連研究に対する主成分回帰アプローチ Genet Epidemiol 2007; AOPファインマッピング
20070929Price et alゲノムワイド関連研究の構造化についての主成分分析による補正 Nature genetics 2006;38:904集団の構造化
20070918Perry et al食事とヒトアミラーゼ遺伝子コピー数多型の進化 Nature genetics 2007;AOPCNV
20070908Carlson CS et al全ゲノム関連研究における複雑な疾患座位のマッピング Nature 2004;429:446多点解析など
20070908Morris AP et alSNPを用いた相不明のファインスケールの連鎖不平衡マッピングによる情報の喪失はほとんどない? AJHG 2004;74:945未読、ハプロタイプ解析は無意味と
20070908Hoh J and Ott J複合型ヒト形質遺伝子を局在するための数学的な多座位アプローチ Nat Rev Genet 2003;4:701.中断、多点解析
20070807Rannala B and Reeve Pヒトゲノム配列の文脈における高解像度連鎖不平衡マッピング AJHG 2001;69:159.中断、ファインマッピング
20070717Beaumont MA and Rennala B遺伝学のベイズ的進化 Nat Rev Genet 2004;5:251.読了、抄読会、ベイズ
ヒトMHC領域の高解像度連鎖不平衡マップと、第一世代のtagSNPs読了、抄読会、MHC
20070619de Bakkerら拡張MHC領域における疾患関連研究のための高解像度HLA、SNPハプロタイプマップ Nat Genet 38:1166,2006.読了、抄読会、MHC
20070620de Bakkerら遺伝的関連研究における効率と検出力 Nat Genet 37:1217, 2005.中断、tagSNP
20070620Carlson CSら連鎖不平衡を用いた関連研究のための最も有益なSNPセットの選択 AJHG 74: 106, 2004.中断、tagSNP
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。