消化器


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

消化管出血

  • PPIとCOX-2 inhibitorの併用は、GI bleedingの予防に有用 (Chan FKL et al. Lancet 2007 May 12; 369:1621-6.)
デザイン double blind, randomized
患者 関節炎と内視鏡的に証明されたNSAID関連の上部消化管潰瘍出血を有する患者273人、HP(-)
介入 celecoxib(200mg、1日2回)との併用でesomeprazole(20mg)またはプラセボ(1日2回)を投与する群にランダムに割り付けられ、12ヵ月間投与を受けた。
結果 中央値で13ヵ月間のフォローアップ中、celecoxib単独群の12人(8.9%)に潰瘍出血の再発がみられたが、esomeprazole併用群にはみられなかった。有害事象は両群で同等

膵臓

急性膵炎

  • 急性膵炎に予防的抗生剤投与は無効(Dellinger EP et al. Ann Surg 2007 May; 245:674-83.)
デザイン RCT
患者 造影CTで30%以上の膵壊死が認められたか、あるいは造影剤を投与できない場合、相当な壊死に合致するとして特定しておいた臨床所見が認められた100人の患者
介入 発症から5日以内に、患者を7日間以上のmeropenemまたはプラセボ投与にランダムに割り付けた。
結果 感染、外科的介入の必要性あるいは死亡率に群間の有意差は認められなかった。\\最終的に両群の約半数の患者が、非盲検での抗生物質の投与を受けた(研究に入って2~3週間で開始されることが多かった)。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。