副甲状腺機能亢進症


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

治療

  •  無症状患者に手術すべき? (JCEM 2007; 92: 1687)
デザイン RCT、無症状患者191人 (mean Ca 10.8mg/dL)
介入 観察 or 副甲状腺摘出術
結果 1-2年のフォローを終了した最初の99人。QOL、心理敵領域に有意差なし。腰椎と大腿骨頚部とで有意な骨密度の改善が見られたが、橈骨では見られず。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。