WinBUGSのマニュアルを駆け足で(?)読む


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Introduction

  • とりあえずベイズとかMCMCはこのマニュアルで解説しないから知っとけと。
    • お勧め参考文献:Carlin and Louis (1996), Gelman et al (1995), Gilks, Richardson and Spiegelhalter (1996): Brooks (1998)
  • WinBUGSはそれぞれのnodeでsimulateする *1 ので、related parameterをもつモデル、例えばHMMなどではconvergenceがとても遅くなるそうだ・・・って、言われてもわからん
  • classical BUGSについて必ずしも知っている必要はないけど、知っていてもいいかも

MCMC methods

  • Bayesian MCMCについては、知っておかねばならない: Gilks et al (1996)
  • サンプリング法の紹介 : まだわかるレベルではないや。

WinBUGSの文法は、classic BUGSとどう違うか

Compound documents

compound documentって何?

  • いろんな情報が集まった書類ファイル
  • WinBUGSはcompound documentから入力を受け、compound documentに出力することができる
  • 拡張子は.odc

compound documentsで仕事する

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。