ハンター1


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Human Orc ムーンエルフ

堅い岩や木を連想するような荒くて丈夫な彼らの筋肉は、
オーク族の特徴といえる。
彼らの巨大な体つきを見る瞬間圧倒される感じを受けるだろう。

しかしオークを腕力だけに頼る野蛮な種族と思い込むのは正しくない。
他の種族の目に粗野で野蛮に見えても、
オークは非常に発達された文化を持っており、
また新しい文化との調和を通じて受け入れるを重視する種族だ。

Berserker

職業掲示板


職業掲示板
Sorcerer

職業掲示板

他の生物を狩るのに天候も策略も必要ではない必要なのは鍛え上げられた己の力と己を信じる事である

他種族の射手と比べて力と体力が高く、単体での活動をも全く苦としない能力を携えている。

生まれつきの筋肉質であるオークに最も似合わないクラスは射手だろう。強張った筋肉と低い柔軟性のため、射手に必要な敏捷性に劣るからだ。それでも弓は長距離攻撃に優れた武器であるため、オークにも射手は存在する。
特にその中でも、柔軟性のよい女性たちに射手の能力が求められる。生まれつきの身体能力は弓矢を使ったハンティングには不向きかもしれない。しかし、特殊能力としては特別なものを持っている。オークはヒューマンより、暗い所でも遠くを見ることができ、動物のように発達した嗅覚で、非常に遠くの獲物を追跡できる。鋼鉄の鋼弓を簡単に引ける力もある。
となると、戦場においては彼女のように優れた弓手はなかなかいないだろう。オークの集団でハンターの役目は、主に斥候活動と追跡だ。後方で支援射撃をするケースはそれほど多くはない。それは正確度が劣るため、狙いが定まらず、効果がいまひとつである為だ。逆に、重装を気にもせぬ持久力と影の中に身を隠すのに慣れている彼女達はハンターの中でもアサシン(暗殺者)と呼ぶに相応しいのかも知れない。

初期能力値
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。