社会関連会計(2013)


シラバス

  • 授業科目名 社会関連会計
  • 担当者名 新井康平(アライ コウヘイ)
  • 単位数 2
  • 開講期別 2013年度 後期
  • 曜日・時限・教室 金曜日9-10限 GC218

  • キーワード
    • 社会関連会計,ディスクロージャー,監査,IFRS,環境会計,企業の社会的責任(CSR)

  • 授業の目標および期待される学習効果
(授業の目標)
企業が社会的存在として,ひろく社会に対して開示する情報について理解し,自社の財務管理を実行可能になることを目指す。具体的には,財務情報を開示するための財務会計の枠組みを理解した上で,環境情報の開示,財務管理などの論点を理解することを目指す。
(期待される学習効果)
経済的な存在であると同時に社会的な存在である企業が,どのように説明責任を果たしているのか,あるいは果たしていったほうが良いのかについて,自分なりに情報を解釈し批判可能になる。なお,財務数値のディスクロージャーについては,ビジネス会計検定3級程度の理解を目指す。

  • 授業の概要
まず,なぜ企業が社会に情報を開示するという実務,いわゆるディスクロージャーが存在するのかを理解する。その上で,ディスクロージャーされた基本的な財務情報が理解可能となるように講義を行う。基本的な財務数値の理解ができた上で,財務数値だけでは表現できない情報(環境開示など)の論点,財務管理についての論点といった応用論点を議論する。

  • 授業内容のレベル
    • 応用レベル

  • 履修資格
    • 特別にはない

  • この授業の基礎となる科目
    • 会計学Ⅰ,会計学Ⅱ,経営学Ⅰ,経営学Ⅱ

  • 次に履修が望まれる科目
    • 会計情報システム

  • 関連授業科目
    • 会計学Ⅰ,会計学Ⅱ,会計情報システム

  • テキスト/参考書
    • (テキスト)
      • 大阪商工会議所編(2007)『ビジネス会計検定試験公式テキスト3級』
      • 山田晴信(2012)『ハーバード・ケーススタディ方式で企業財務を学ぶ』きんざい。
    • (参考書)
    • 必要に応じて,授業の中で紹介する。

  • 授業の形式(授業方法)
    • 講義形式で行う。なお,事例研究およびその報告を適宜取り入れる。

  • 評価(成績評価基準)
    • 中間試験50%,ケースレポート50%とする。

  • メッセージ
    • 企業と社会との関わりについて学ぶことで,よき職業人となるための基礎を得ることを期待する。

  • オフィスアワー
    • 木曜日の7-8限を予定。詳細は初回の講義で指示する。

  • 授業の展開(授業計画)
      • 第1回 ディスクロージャーの本質,財務諸表
    • 【財務情報のディスクロージャー】
      • 第2回 貸借対照表
      • 第3回 損益計算書
      • 第4回 キャッシュ・フロー計算書
      • 第5回 財務諸表分析I
      • 第6回 財務諸表分析II
      • 第7回 財務諸表分析III
      • 第8回 中間試験
    • 【環境情報のディスクロージャー】
      • 第9回 環境報告書と企業の社会的責任
      • 第10回 企業の社会的責任の事例研究
    • 【財務管理】
      • 第11回 会社設立
      • 第12回 IPOとM&A
      • 第13回 ポートフォリオ
      • 第14回 資金調達
      • 第15回 事業再生ファイナンス

    • 「模範解答」又は「解答上のポイント」の周知方法
      • 中間試験の模範解答は第10回に,学生の答案と同時に配布する。


関連資料

  • 第1回の資料
【配布】社会関連会計2013_1.pptx
  • 第2回の資料
【配布】社会関連会計2013_2.pptx
  • 第3回の資料
【配布】社会関連会計2013_3.pptx
  • 第4回の資料
【配布】社会関連会計2013_4.pptx
  • 第5回の資料
【配布】社会関連会計2013_5.pptx
  • 第6回の資料
【配布】社会関連会計2013_6.pptx