会計学II(2013)


シラバス

  • 授業科目名 会計学II
  • 担当者名 新井康平(アライ コウヘイ)
  • 単位数 2
  • 開講期別 2013年度 後期
  • 曜日・時限・教室 火曜日7-8限 101教室
  • キーワード
    • 原価,原価計算,コストマネジメント
  • 授業の目標および期待される学習効果
    • 会計情報を用いて経営管理を行う,いわゆる管理会計の基礎を学ぶ。この講義を通じて,管理会計と原価計算の基本的な計算ロジックを身につける。また,企業や公的・非営利組織に所属した際に,合理的な判断が行えるという効果が期待される。
  • 授業の概要
    • 管理会計の基礎編として,主に製造業を対象にしたコストマネジメントを学習する。これは,簿記2級の工業簿記相当の原価計算の学習を含む。
  • 授業内容のレベル
    • 基本レベルだが,会計学Iか簿記3級程度の知識が必要。
  • 履修資格
    • 会計学Iの単位履修者か,簿記3級合格者。
  • この授業の基礎となる科目
    • 会計学I
  • 次に履修が望まれる科目
    • 社会関連会計,会計情報システム
  • 関連授業科目
    • 会計学I,会計学II,生産・オペレーション管理,経営科学I,経営科学II
  • テキスト/参考書
    • 小沢浩(2011)『詳解コストマネジメント』同文館出版。
  • 授業の形式(授業方法)
    • 講義形式とする。ただし,テアダウン実習,業績評価実験,フィールド演習なども含む。
  • 評価(成績評価基準)
    • 2回の試験:30+35点。
    • 実習レポート,実験レポート,フィールドワークレポート:35点
    • 講義中のレポートは,加点対象となる。
  • メッセージ
    • 製造業で発展したコストマネジメントの理論は,サービス業でも活用可能な知見です。製造業に興味がなくても,履修してみてください。
  • オフィスアワー
火曜日12:00-12:30
  • 授業の展開(授業計画)
    • 第1回:原価管理概論
    • 第2回:原価分類
    • 第3回:製品原価計算(個別原価計算とABC)
    • 第4回:短期利益計画
    • 第5回:経済性の意思決定と関連原価
    • 第6回:プロダクト・ミックス
    • 第7回:ライフサイクル原価計算と資金の時間価値
    • 第8回:中間試験
    • 第9回:標準原価管理(1)
    • 第10回:標準原価管理(2)
    • 第11回:制約条件の理論
    • 第12回:原価低減
    • 第13回:テアダウン実習*
    • 第14回:業績評価実験*
    • 第15回:フィールドワーク*
    • 第16回:最終試験
    • なお,*部分の講義は時期が前後することもある。

関連資料

  • もし,ファイルがエラーになっている場合,このページの最下部からファイル名を選択し,直接ダウンロードできます。

  • 第1回(4/9)の資料
【配布】会計学II_1.pptx
  • 第2回(4/16)の資料
【配布】会計学II_2.pptx
  • 第3回(4/23)の資料
【配布】会計学II_3.pptx
  • 第4回(4/30)の資料
【配布】会計学II_4.pptx
  • 第5回(5/7)の資料
【配布】会計学II_5.pptx
  • 第7回(5/21)の資料
【配布】会計学II_6.pptx
  • 第8回(5/28)の資料
【配布】会計学II_7.pptx
  • 第9回(6/4)は実習ですので配布資料はありません。
  • 第10回(6/11)の資料
【配布】会計学II_9.pptx
  • 第11回(6/18)は実習ですので配布資料はありません。
  • 第12回(6/25)の資料
【配布】会計学II_11.pptx
  • 第13回(7/2)の資料
【配布】会計学II_12.pptx
  • 第14回(7/9)は実習ですので配布資料はありません。
  • 第15回(7/16)の資料
【配布】会計学II_15.pptx