※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

同番移行とは、現在使っている電話番号を、そのまま別のサービスで利用すること。

ひかり電話の同番移行

NTTが発行したものであれば同番移行が可能で、フリーダイヤルも同番移行できる。

 引越しのタイミングなどでひかり電話を利用する場合、引越し先で電話番号が変わるようなら番号を持っていくことができない。 この場合休止で2100円、ひかり電話専用番号取得で1050円の工事費となる。

 ただしひかり電話の専用番号は固定電話のようにエリア共通の市内局番ではないため、近隣と市内番号を合わせたい場合は、一度引っ越し先へ固定回線を開通させて番号を取得した後同番移行でひかり電話を開通させる必要がある。

関連:回線休止

回線を休止ではなく廃止でよければ工事費は発生しない

おもな同番移行サービス実施会社

KDDI     メタルプラス
       光プラス
J:COM     J:COMフォン
ソフトバンク オトクライン
BBIQ     光電話

コンサルにて聞いたこと

アナログ2回線を同番移行する場合、地域によっては出来ない場合がある。