※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

織田家

佐々成政 (サッサナリマサ)

レベル

50:7体

職業

戦闘開始時セリフ

織田家黒母衣衆参上!
この佐々成政の銃撃に
耐えることができるか?

はっはっは! 誰かと思えば
わしの銃に射抜かれた
○○○○ではないか!

待て!○○○○!
今日こそは我が鉄砲の
餌食にしてくれるわ!

構成

名前 種類 レベル 初期付与 使用技
佐々成政 鉄砲侍 50 一所懸命、n段撃ち、佐々流狙撃術つるべ撃ち蘇生・壱
織田工兵 刀鍛冶屋 45 陽動蘇生・壱
饗談中忍 懐剣ニ刀忍者 45
尾張薬種商 槍薬師 45 完全治療蘇生・壱
国府宮神官 懐剣神主 45
尾張陰陽師 陰陽師 45
正徳寺僧兵 45

特徴

ドロップアイテム

列伝

内蔵助、陸奥守、侍従。佐々成宗(盛政とも伝わる)の第5子とされる。1539年生。

佐々氏は佐々木氏の末流が上総国佐々庄に移り住み、佐々と名乗ったとされている。佐々木氏の源流は宇多源氏とされている。菅原氏の出で近江国余呉庄から出でたとする説もあるが、こちらはあまり有力ではない。成政の代には尾張国春日井郡比良村の在地領主となっていたが、いつごろ移ってきたのかは不明である。

兄である佐々政次が桶狭間で戦死すると、その後をついで馬廻衆、 黒母衣衆に列せられ、その後各地を転戦することとなる。
1567年、黒母衣衆筆頭となる。その後も各地を転戦し、まさに東奔西走する。長篠の戦では鉄砲隊を率いて武田勢を壊滅に追い込む。
1575年、柴田勝家与力として前田利家、不破彦三とともに10万石を賜る。その後も各地を転戦するが、1579年ごろからは主に上杉勢との戦に従事する。1581年には越中1国を与えられて富山城に寄る。

1583年、信長が本能寺で死亡すると、与力であったことなどから柴田勝家に味方する。しかし賤ヶ岳合戦には上杉勢を抑えるために動けず、秀吉が勝家を滅ぼした後も徹底抗戦の構えを見せるも越中1国を条件に降伏する。
しかし1584年の小牧長久手戦では織田信雄を支持する徳川家康につき、前田利家と戦端を開くも、上杉との2方面戦を強いられ苦戦する。このころ家康と秀吉の戦いは、小牧長久手本戦では家康が大勝するものの、多数の反秀吉派が日和見を決めたこともあり膠着、家康は単独講和を行う構えを見せる。
徹底抗戦を訴える成政は家康への直談判を行うことを決意する。しかし彼の居する越前は東を上杉、西を前田、そして南の信濃は秀吉の勢力圏であり、遠江の家康へ出会うことは不可能に近かった。
成政は厳冬期の立山連峰を超えるという壮挙を行う。後に言う「さらさら越え」である。これを成し遂げ家康と会談する
しかし結局家康は講和、成政は富山にむなしく帰還することとなる。翌年秀吉は自ら10万の大軍を率い富山城を包囲、織田信雄の仲介により降伏、かろうじて越中新川郡の一郡を残されるものの、自身は家族とともに大坂に居住させられ、御伽衆として秀吉に仕えることになる。

後九州征伐で功を上げ肥後1国を任されるが、検地を早急に行おうとするなど、国人の不満をため1588年に国人一揆をおこしてしまう。この責を問われて切腹させられる。

後世では秀吉嫌いとされ、猪武者という具合に描かれる場合が多いが、実際には政務もそつなくこなす人物であり、領地であった越中には彼の行った治水の後が今でも残っている。
しかし、さらさら越えなどの無茶、国人一揆の勃発など、性急すぎる一面が目立つほか、秀吉にくらべるとどうしても見劣りする。生まれてより織田家一筋でいたこともあったのであろうか、世渡り下手と頑ななまでの織田家への忠誠と生来の性急さが、彼の失敗の原因だったのかもしれない。

その他情報

名前:
コメント: