※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

織田信友 (オダノブトモ)

レベル:数

33:7体

構成

名前 種類 レベル 初期付与 使用技
織田信友 33 連撃四連撃、守護、護衛看破金縛りの計
斯波一族 陰陽師
斯波護衛兵 槍侍
闇薬師 薬師 各種付与、呪詛系の術

生息地域

尾張斯波一族の屋敷

備考

  • 55分ポップ
  • 信友が少々痛いのみで、決して強くはない。
  • 信友は眠る上、魅了なども効くため、黙らせても良い
  • レベル50程度の前衛ならばソロも可能。
  • 生命力3906

ドロップアイテム

列伝

実在の人物

名は広信とされるが、資料上では確認できない。尾張下4郡守護代。清洲城主。織田大和守家。信長の父である信秀の兄信康の子であり、信長とは一応の従兄弟である。

織田家はもともととして尾張に移ってきた管領、斯波家家臣という位置づけであり、斯波氏が尾張下向(実質的には朝倉氏に越前より追い出された)に伴い、ともに尾張に移住してきたというのが現在の説である。信友の父信康は、織田家の家督を信長の祖父に当たる信定より譲られているため、宗家分家という考えでわけると信友の家系が宗家である。

当時斯波氏は尾張下向時よりすでに織田家の傀儡となっており、信友の代でも実権は彼が握っていた。当時の斯波家当主、斯波義統(斯波義銀の父)はこれを嫌い織田信長に内通、これが発覚し信友は彼を殺害する。1554年のことである。

その後1555年、居城清洲城を織田信長とその叔父信光に攻められ、信光に切られたという。

その他情報

名前:
コメント: