※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

清水康英 (シミズ ヤスヒデ)

レベル

45-7

合戦配置

北条家左中副将

構成

名前 職業 レベル 初期付与 使用技
清水康英 鍛冶 45 追込撃・極
風魔練達 忍者 45 蘇生・壱
北条健脚侍 40
武蔵野薬採り 薬師 40 蘇生・壱
鶴ヶ岡神官 神主 40
伊豆衆闘兵 陰陽 40
修善寺僧 僧侶 40

備考

ドロップアイテム

列伝

康実。郎左衛門尉、上野介、上野守。1532年生まれの説があるが確証はない。なお、康の字は北条氏康から一字拝領したものである。

清水氏は伊勢宗瑞(北条早雲)とともに伊豆に入国した家臣の中でも最古参の一族である(南伊豆の土豪という説もあるがこちらは有力ではない)。また、藤原姓を名乗っていたようである。なお、宗瑞に従ったのは彼の祖父に当たる。本拠は伊豆国加茂郡加納村の加納矢崎城である。伊豆郡代の笠原氏とともに伊豆奥郡代・三島社奉行を勤めており、北条家の伊豆支配を担っていた。

康英は伊豆衆、馬廻衆に列せられ、評定衆にもなった北条家重臣である。847貫40文の知行を誇り、これは伊豆衆では最高、北条家の中でもかなり多い部類に入る。
最初康実を名乗るも後に康英に改名する。
1579年には韮山城将となっている。
1588年には秀吉への備えとして伊豆下田城主となりこちらに移る。

1590年、北条水軍を率い豊臣水軍と対決するも敗北、下田城に籠城することになる。豊臣方はこれを長宗我部、九鬼、脇坂らの水軍で包囲する。その数1万5千。
康英は下田城に籠城すること50日余りの後開城する。

開城後は河津林際寺に退去させられる。その後筏場の三養院に隠棲、1591年6月没。

その他情報

名前:
コメント: