※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

茶会
良歌用金型

良歌報告

茶会では歌(連歌)を読むことができる。その場合、その場合、組み合わせによって、評判、付与への影響が大きい。
良歌は「○人と心がつながった」という表示が出て、付与効果などが高まるようである(2人、2人というつながりもある)。 ここではその良歌を集め、どういったものが良歌となるのかを導き出す。

三連歌報告

三連歌は徒党人数が3、4人のときに一定確率で発生。
ここでは3人つながりのものを紹介する。

つながり 初句 二句 挙句 備考
3 明日からは こたつ塞ぎて 侍ぞ
明日からは 月もほのかに うつけもの
昨日から 鬱を散じむ 大人買い
いいんでない お猿さんだよ はああああ
いいんでない わが顔文字は はああああ
浮き世をば 今は尽きなむ 待てしばし
俺最強 これが戦だ サバイバル
曲水や 大往生とは その極み
軍学は 大往生とは あなうれし
召喚と いでや人々 埋もれぬ
神通よ 名声いらぬ 侍ぞ
仙論は 地獄の谷の 梓弓
僧兵よ まだ手ぬろいか まろのため
僧兵よ 徒党に入るか その極み
そこはだめ 桜並木や 花冷えか
そこはだめ 安さ爆発 土一升
だって、でも 陽炎立てリ 埋もれぬ
つゆと落ち 舞うは涙か 一つ太刀
虎だらけ 月もほのかに 比叡山
夏の夜の ならひなければ 幸あれかし
なはははは すっとこどっこい 実装中
にゃんとまた さこそあらめと 一つ太刀
猫耳は じゃれつく君よ 幸あれかし
はしなくも かぶいてそうろう 手取川
ひねもすの 大往生とは 七顛八倒
ひねもすの 枯れ果てにけり 七顛八倒
武士道の これが戦だ 冴え返る
武士道の 妖術攻撃 冴え返る
昔語り 地獄とともに 桜餅
やっちゃった そこが変だよ 間に合わせ
山桜 暖かき陽は 乾杯す
友を得て 妖術攻撃 追尾せむ
粛々と これが戦だ それが何 耐久+1 器用+2        魅力+3
忍秘術 こたつ塞ぎて 間に合わせ        器用+3 知力+2
羽子板の 吹かねど花は 僧になり 耐久力+3 魅力+2
名前:
コメント:

五連歌報告

五連歌は徒党人数が5人以上のときに一定確率で発生。
ここでは3人以上のつながり、および2人つながり2回を紹介する

つながり 初句 二句 三句 四句 挙句 備考
2-2
明日からは わが顔文字は 陰陽師 これで最後と 三度目の復興
明日からは 屋根葺き替えて さまよいぬ 彼には内緒と 初夢で逢う
天地の ならいなれば 花曇り 恋ぞ積もりて 身の科にして
暗殺よ 戦国の世は あとの名を むくいを待てや 妖魔陣に散る
いいんでない まだ手ぬるいか 梓弓 竹の皮はぐ 松茸の香り
浮き世をば つゆと消えにし なき物を 怒りを溜めて あはむとぞ思ふ
大昔 かぶいてそうろう ゆけ鍛冶屋 神主ですが 拳で語る
大昔 こたつ塞ぎて つくし摘む 涙ながらに 祈らぬものを
陰陽道 仕官祝いの 潮干狩り 蜜柑の香り 山ほととぎす
陰陽道 さっぱり冴えない わが身かな 遁術連打 飛び蹴り二回
軍学は 枯れ果てにけり 跡もなし 限度を超えて 妖魔陣に散る
花冠編む 祇園祭に 水ぬるむ 夢路をさそう いざ鎌倉
古神道 舞うは涙か 夏の葉の 恋ぞつもりて 合戦こそ華
僧兵よ 不遇をかこつ オンライン 私設で彼は 禁断の果実
そこはだめ 安さ爆発 山笑ふ うちの村役 突撃準備
そこはだめ 放送禁止 オンライン 浴衣の帯に 男の絆
そんな熊 すっとこどっこい 潮干狩り これで最後と 瀬々のあじろぎ
だって、でも こもごも至る 先立てて 彼には内緒と 対話で告白
だって、でも 仕官祝いの 迷う夕 僧兵のみで 祈らぬものを
つれづれに 鈴鹿峠の ほととぎす 記憶はないが 秋の夕ぐれ
鉄砲鍛冶 地獄もともに 花冷えか 準備を待って 秋にはあらねど
手づかみで 心の月を それが何 ともに消えゆく 母さんありがと
友を得て マブダチかもな 追尾せむ 楊枝成金 影のさやけさ
にゃんとまた 祇園祭りに 春の山風 今がチャンスと 対話で告白
忍法と 徒党に入るか 放浪中 時にはあわぬ 移動実装
猫耳は 打てば散るなり なめんなよ 花も花なれ 秋にはあらねど
武芸伝 検索すれば 侍ぞ 竹の皮はぐ 合戦こそ華
武士道の 徒党が危ない 花会式 見てはいけない 最終究極奥義
仏門は 御意見無用 宴かな 花冷え宵の 露にぬれつつ
密教と 身の置き所なき 金をくれ 我が名をあげよ 又も結ばね
みをつくし 生まれ変わりて つひに行く 私設で彼は 禁断の果実
山桜 花かがりよし 諸人の わが身一つの 春の夕焼け
ゆくりなく 打てば散るなり 面を貸せ 私設で彼は 母さんありがと
吉野山 成仏いたせ 隠れ里 記憶にないが 拳で語る
つながり 初句 二句 三句 四句 挙句 備考
3
あだに見よ 検索すれば 有名よ 天霧る雪の 立春大吉
医学とは 生まれ変わりて 俺伝説 私設で彼は 初めての徒党
浮き世をば 夢路はかなき 梓弓 涙ながらに 雪は降りつつ 腕力+2、器用+2 耐久+1
俺最強 コワモテだけど 幸あれかし グラス片手に ながめしまに
俺最強 妖術攻撃 紋所 隣の忍者が 雪をもとかす
雅楽とは かぶいてそうろう ゆけ鍛冶屋 怒りを溜めて 星野山二階
軍学は 無常の風よ 僧になり 蜜柑の香り 水くくるとは
極楽も 成仏いたせ 俺伝説 神主ですが 一子相伝
この頃の 厄妄想を なめんなよ 案山子の影に わが身と思へば
さぞな春 生まれ変わりて まわし飲み 浴衣の帯に すみかなりけむ
五月雨は 芦間に灯す 春の海 今日降る雪の 瀬々のあじろぎ
春塞の 妖術攻撃 ほととぎす 今がチャンスと 十回目の魔犬
蜃気楼 名声いらぬ 待てしばし いのちにかわる 移動実装
神通の 月もほのかに 春は今 我が名をあげよ 西の山の端
そこはだめ わが顔文字は 入れ置きし 昼下がりの午後 かかる月かな
だって、でも 御意見無用 側仕え 神無月にそ 秋にはあらねど
つれづれに かぶいてそうろう 諸人の うら山し共 茶器命
虎だらけ 名声いらぬ 一つ太刀 むくいを待てや 三度目の復興
もういいもん かぶいてそうろう 手取川 心みじかき 茄子の鴨焼
夏の夜の 放送禁止 関ヶ原 うちの村役 しる人もなし
密教と 知人登録 なんちゃって 今回だけよと 西の山の端
ゆくりなく 地獄とともに 緋もうせん かけじや袖の 如月の宵
流氷の 春昼にみる サバイバル もみぢの残る 松茸の香り
つながり 初句 二句 三句 四句 挙句 備考
3-2
心なし 今は尽きなむ 桜酒 今日降る雪の 淵となりぬ
古神道 徒党に入るか 風光る 腕力薬師 二人の秘密
古神道 幽霊状態 あはれなり 初武将にて 突撃準備
さもあらん 徒党に入るか 土一升 私設で彼は 私設で誤爆
つれづれに かぶいてそうろう 冴え返し 錫杖侍 どたばた劇
苗床や さこそあらめど あはれなり 彼には内緒と 突撃準備
忍法と 村役登用 まろのため 少しだけねと 隠れ里に行く
仏門は 如露亦如電 春は今 茶器生産 秋にはあらねど
仏門は 悪に染まった 稲葉山 ともに消え行く 身の科にして
軍学は いつもぎらぎら リスペクト 家老だけども 夏に逝きけり
つながり 初句 二句 三句 四句 挙句 備考
4
甘ったれ 打ちぬる程も 七顛八倒 怒りを溜めて 空振り三振
甘ったれ 暖かき陽は 跡もなし 限度を超えて 夢のまた夢
軍楽は 知人登録 あなうれし 主あらばこそ 対話で告白
極楽も いつもぎらぎら 紋所 涙ながらに 三度目の復興
この頃の コワモテだけど アイタタタ うちの村役 初めての徒党
さぞな春 成仏いたせ なんちゃって 道は迷わじ 雲の上まで
僧兵よ コワモテだけど 山笑ふ いのち代わる 思ふころかな
誰が知る この世のほかは 有明の 後に続いて 秋にはあらねど 3能力上昇
鉄砲鍛冶 これが戦だ それが何 くだけて物を 二人の秘密
忍法と 妖精さんから 俺伝説 人こそしらね 二人の私設
みをつくし 放送禁止 ゆけ鍛冶屋 隣の忍者が 飛び蹴り二回
みをつくし 無常の風よ 関ヶ原 隣の忍者が 西の山の端
花冠編む 厄妄想を 乾杯す 秋の訪れ 涙の復興
軍学は 時知りてこそ 春の午後 我が名をあげよ かかる月かな
だって、でも 月もほのかに 花曇り 僧兵のみで 妖魔陣に散る
赤っ恥 常なき世なれば 有明の 浪人の息子が イザナミ撃破
つながり 初句 二句 三句 四句 挙句 備考
5
赤っ恥 祇園祭に 風光る 腕力薬師 泣き崩れる
やっちゃった そこが変だよ うつけもの 涙ながらに イザナミ撃破
虎だらけ 常なき世なれば 暴走中 浪人の息子が みんな大好き
この頃の さもあらばあれ 入れ置きし 春の山す 春の夕焼け
名前:
コメント: