※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

地図
合戦
合戦場

長篠

場所

信濃-遠江

合戦場候補地

国情

長篠城を中心とした地域。
徳川に寝返った奥平信昌を城主とする長篠城を落城させるべく1575年、武田勝頼は1万5000の兵を率いて城を包囲した。しかし落城寸前に織田徳川連合軍が到着した。
本来、このような状況では(城が陥落する前にかたをつけなければならない)城守側が決戦に持ち込むのが普通であり、攻城側が決戦に打って出るのはあまりないことである。相手が築いた柵を敵と団子状態になることで突破(この方法は、よく攻城で使われる方法である)するために、火蓋を切ったともされる。
これに対し織田は3000挺の鉄砲を保有し待ち構えた。
信憑性の低いとされる資料である信長記によればこうである。
まず、織田信長本人が複数人の大鉄砲とともに前に出て、大鉄砲で武田方の鉄砲の射程外から打ち込み威嚇した。これに怒った武田は兵が前に出て行ったが、武田の射程に入る前に織田勢は大鉄砲を捨てて逃げた。武田はそのまま相手の柵の前にいる(であろう)足軽と団子状態にもちこみ鉄砲を無力化(敵味方入り乱れると鉄砲での狙撃は困難である)してから柵を突破しようとした。しかし、柵の前には徳川の騎馬鉄砲隊がかまえ、武田方に打ち込んできた、しかし、武田が白兵戦に持ち込もうとすると騎馬鉄砲隊は柵の中に速度の優位から逃げ込んだ。気づくと武田の歩兵の前には柵とその奥に陣取る鉄砲隊が構え、鉄砲の三段射撃により散々に蹴散らされた。となっている。なお、実際に合戦が行われたのは西方にある設楽原あるいはあるみ原であるという。

その他情報

名前:
コメント: