※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

北条家

板部岡江雪斎 (イタベオカコウセツサイ)

レベル

50-7

合戦配置

敵陣中翼後詰

構成

名前 種類 レベル 初期付与 使用技
板部岡江雪斎 50 天部光輪
北条豪勇侍 45
乱波中忍 忍者 45
伊豆衆精鋭 陰陽 45
箱根山神官 神主 45
相模鍛冶 鉄砲鍛冶 45
箱根山山伏 薬師 45

特徴詳細

戦闘台詞

ドロップアイテム

列伝

名は融成(とおなり)。越中守

1537年生。出自は伊豆下田の僧から氏康に召されたという説と、伊豆北条氏(鎌倉幕府執権家)の後裔で伊豆田方郡田中郷を知行し、田中姓を名乗り、その後名を江雪とし、その後に板部岡康雄の遺領を次ぎ、板部岡としたとする説である。

北条家の外交を担当した重要人物であり、武田信玄没の真偽を確かめるために甲斐に使者として赴く(このときは信玄の影武者も行っていた武田信廉が対応し、これにだまされ、信玄存命と報告)。また、織田信長没後の抗争で徳川と北条が対峙した際に、和議の使者としても赴いている。1589年、真田氏との領地問題解決のために秀吉に会いその才を認められる。

北条氏滅亡後は秀吉の御伽衆となり、姓を岡野に替える。1600年からは家康に仕え、その後は徳川旗本となる。1609年、73歳で没。

その他情報

名前:
コメント: