※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#ref error : ファイルが見つかりません (北条三つ鱗.gif)
北条家

北条幻庵 (ホウジョウ ゲンアン)

レベル

 65:7体

職業

 僧

合戦陣配置

 北条家・本陣軍師

戦闘開始時台詞

…… 
…… 
はっ!?敵襲ぞ、出合え!

構成

名前 職種 レベル 初期付与 使用技
北条幻庵 薙刀僧 65 早雲の加護天部光輪天部光輪・弐紫電一閃僧兵連撃・改蘇生・壱
北条氏尭 一刀侍 60 一所懸命・極五連撃・改、沈黙の霧、霧散霧消大音声
風魔手練れ 懐剣二刀忍 60 奪命三五連瞬殺閃神力両断・改、各遁術・極、もっこ
伊豆衆精鋭 陰陽 60
箱根山宮司 神主 60
相模鍛冶 鉄砲鍛 60
箱根山山伏 薬師 60

特徴・詳細

  • 撃破すると北条氏康を5体に弱体化
  • 北条氏政北条氏照北条氏規北条氏邦撃破で5体まで弱体化
  • 幻庵の天部光輪・弐は破魔光グラ、全体2000〜のダメージ
  • 氏尭の強さは後陣侍武将クラス
  • 風魔手練れは回避反撃率が非常に高く、奪命五連で盾侍に3000程度
  • 準備動作中に高確率で風魔手練れのもっこか瞬殺閃が飛んでくる

部隊アイテム

ドロップアイテム

武将列伝

伊勢新九郎宗瑞(北条早雲)の三男。名は長綱。宗哲。

出生は1493年といわれておりこれが一般であるが1504〜10年ごろという説も存在する。

今ゲームでの北条家当主・北条氏康は彼の兄・北条氏綱の子であり、氏康から見ると叔父甥の関係である。
幼名のころよりすでに寺に入り、1524年に出家して箱根権現別当についたとされているが、俗体のままついたという説もある。なお、出家した場合は名の長綱は法名となる。

1536年、箱根権現別当を辞し、政務に携わり始める。このときは還俗しなかったらしくそのまま長綱と名乗っていた(このときの名を俗名とするならば、1524年には出家していないことになる)。
その後、幻庵宗哲を名乗る。なお1524年に出家していない説をとると、いつ出家したのかは不明となる。ここは長綱が俗名と法名をかねており、読みが変わっただけと見るのが良いのかもしれない。

彼の知行・5412貫は北条家最大の知行量である。治めていたのは、相模中郡及び武蔵小机一帯であったが、1555〜7年ごろに氏康の弟であり、自分が後見人を勤めていた氏堯と自分の息子達にこれを相続させるも、長男・三郎、次男・氏信、三男・長順が相次いで死亡してしまう。
それからしばらくして氏康の七男で彼の婿養子となっていた氏秀(後の上杉景虎)が上杉家に養子に行ってしまったので次男・氏信の子、氏隆に相続させている。

彼のエピソードとして有名なのは氏康の娘・?松院が吉良氏朝に嫁ぐさいに渡した「幻庵おぼへ書」である。

彼の最期は1589年没説が強い。しかしこれは北条五代記に記されているものであり(これは軍記類の色が強い)、書簡などからは1582年で姿を消している。なお、通説どおりの生没年だと九十七歳没となり、これは当時としては(いまでもかなりのものではあるが)驚異的な長寿である。

彼は父・早雲、兄・氏綱、甥・氏康、そして氏政、氏直と北条家五代すべてにかかわっており、まさに北条家の屋台骨であった。また、詩や古典にも造詣が深く、当時は田舎の関東において一流の文化人であった。北条家が滅亡するのは彼の死から一年後、1590年のことであった…

情報募集中!

名前:
コメント: