※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

徳川家

本多忠勝

レベル・職業

60-7 侍

開始時セリフ

#ref error : ファイルが見つかりません (本多忠勝セリフ.JPG) #ref error : ファイルが見つかりません (本多忠勝セリフ2.JPG)

防衛陣

本陣四天王

構成

名前 職業 レベル 初期付与 使用技
本多忠勝 槍侍 60 天下無双撃無傷の兵法
本多忠政 55
服部党練達 刀忍者 55 蘇生・壱
徳川方士隊 陰陽 55
砥鹿社神官 弓神主 55
本多忠朝 鉄砲鍛冶 55
三河製茶人 薬師 55

特徴

  • 倒すと本多正信の陣を弱体化
  • 本多重次を倒すと弱体化
  • 天下無双撃はファイアー5連撃+忠勝自身の素早さ上昇(ただし がつかないので看破できない)
  • 天下無双撃は対象に が付く(ウェイト増加)みたいです。

ドロップアイテム

列伝

永禄三年(1560年)大高城兵糧入れで初陣後、関ヶ原の戦いまで生涯五十七度の戦いにおいて傷一つ負わなかったと言われる。

鹿角脇立兜をかぶり、止まったトンボさえも真っ二つになるという名槍「蜻蛉切」を片手に、家康とともに主要合戦にはほとんど参陣した。姉川の戦いでは朝倉勢1万を相手に単騎突入。小牧・長久手の戦いでは豊臣勢数万に対してわずか三百の手勢で渡り合い、小田原攻めの際は、別働隊として関東の諸城を攻略している。

家康の関東入封に際して上総大多喜十万石を拝領し、関ヶ原の戦い後は伊勢桑名で十万石の他に次男忠朝が大多喜五万石を領する。慶長十五年十月十八日六十三歳で死去。

その他情報

名前:
コメント: