※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

陰陽師
昇進試験

陰陽師昇進試験

与力(勲功1800)

頭のはなった4属性の式神のうちどれか1つを倒す(土粒ネズミ水塵蟲炎狼風骨コウモリ
徒党戦は不可、徒党を組んでいてもソロで戦うことになるので、知王丹治身丹冷命丹などの薬(相手によって弱点が変わるので、それにあったものを持っていくと良い)、精神統一などの自分に付与する技能を備えておいたほうがよい。呪殺や催眠、式神召喚なども有効。
合戦週なら前哨戦参加(レベル20以上)でもらえる薬(メンテ消失)使用がお勧め。結構な量を用意しておくと良い。
流派技能で強いものを作っておいても楽。
弱いのはコウモリ、ネズミで、コウモリが一番弱い。

侍大将(勲功3500)

5ヶ国をまわり、道標に埋鎮を行なう(戦闘なし。まわる国は自国以外でランダム)

目付(勲功6500)

昇仙峡の鬼拝集団を倒し「鬼紋」を持ちかえる(鬼拝術師or鬼拝巫女

奉行(勲功12000)

最近夜の町中で怪しい姿をした女を見たので調査をしてほしいと陰陽寮に依頼が来る。
一度町中にいる吉兵衛(神社前にいる)に話を聞き「戻橋の鬼女」ということが判明。

そこで「戻橋の鬼女」を再び封印する儀式に必要な
昇仙峡の水猩々草御神酒火粒石】を最初に探す。
その間に呪禁師(じゅごんし)が封印に必要な刀を探しておくことになる。

  • 入手場所
昇仙峡の水
昇仙峡にいる水蛇沢蜘蛛がドロップ、取引可能
猩々草
富士地下洞穴にいる「喰屍鬼」がドロップ。確率は1/5程度、湖畔に大量に出現。取引不可。
岡崎春日山駿府浜松、の交易所で売っている。取引不可、両替所に預けられず、死ぬと無くなるので注意。
御神酒
神職が作成できる。
火粒石
甲斐の西湖ー河口湖の接している付近にいる炎紋蛟がドロップ。取引不可。

こうして集めたアイテムを呪禁師に報告。
ここで破邪刀髭切を手渡される。門外不出の刀で装備可能なのは陰陽師のみ。

神社にいる吉兵衛に話をする。
すると「出た〜〜!」とか言うので神社の階段を上った後ろに「戻橋の鬼女」が出現。
試験者の陰陽が話しかけると戦闘突入。(徒党戦可能)

Lv40の1体で結界・参と叩き割り・参がメイン。この叩き割り・参を食らうと1000ダメージ確定なので注意。

そして鬼女を倒し、呪禁師に報告すると破邪刀髭切と共に封印。

コメント

  • 昇仙峡の水は、沢蜘蛛でも落としました --
  • 侍大将試験の埋鎮のくさびを無くすと呪禁師からまた貰えますが勲功20名声10が引かれます -- なぞ?
名前:
コメント: