対立意見


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • NBonlineより転載
このままでは関係者の高齢化が進み、国内での制作に支障が生じることを危惧し昨年エイケンは採用活動に本腰を入れ、若手7人をやっと新入社員として迎えた。

こうした人材確保の障害になるのは
「アニメ業界は賃金が安い」という偏見にも近い既成概念だ。

確かに出来高払いの制作会社で、不慣れな新入社員が月給数万円しか
受け取れないケースがありそればかりが目立っている。エイケンでは正社員として一般中堅企業並みの待遇で採用しているのだが「本人が就職を希望しても、家族らが『アニメ業界は悲惨だ』と言って断念させるケースが多い」と田中次長は悔しがる。今年は残念ながら採用は
ゼロに終わったという。
日本動画協会の山口事務局長は「この業界でも1000万円以上稼ぐ人材がいるのだが残酷話ばかりが広まり、人材確保や育成などの対策は進んでいない。このままでは国を挙げて振興を図っている中国や韓国に
逆転されかねない」と危機感をあらわにする




スレで挙がった意見:
お前らみたいに残酷話ばかり広める奴がアニメーター志望者の人材確保を妨げている