ついに鳥取県警が動いた米子映画事変のエロ絵展示問題・続報

この事件の何が問題なのか

今現在各方面から多数の情報が寄せられている。
ネット上では"この程度で規制はおかしい""警察による表現規制だ"といった意見も見られる。
問題とされた絵はサイトに掲載されているものは小さくされ見えづらくなっている。
実際に配布されているチラシもこれであればまったく問題なかっただろう。
しかし子供や女性も含まれる不特定多数が手に取っていたチラシはこの絵の大きいバージョン(pdfで公開されていたもの)であり、局部がかなりはっきり見える状態だ。
この状態で配布して良しとする風潮は日本にはない。
鳥取県警は正しく職務をこなしたのであり、取り締まった警察を責めるのはまったくのお門違いである。
むしろ文句を言っている当事者らが表現規制の取っ掛かりを与えてしまっている現状に気づいていただきたい。
自宅からコスプレをしてもOKというイベントを平気で開催する時点で程度が知れるだろう。
連中のやっていることはクリエイターを侮辱し、日本のサブカルチャーを根絶やしにする行為である。

なぜか食い違う、米子映画事変側と警察の言い分

米子映画事変では下記のように説明されている。
http://yonago-eiga.com/
https://twitter.com/yonagofilm/status/385625870557122560
http://www.peeep.us/17b02239
「第三次 米子映画事変」のイベントの1つ「妖怪秘宝館」のメインビジュアルイラストについて
一般の方からご指摘を受けました。警察からは法律(刑法175条)に違反する物ではないがチラシや
ホームページという媒体での使用は配慮してほしいとの指導をいただき、該当のイラストについては
掲載していたホームページ上から削除し、チラシも撤去して対応いたしました。今回の件につきましては、
運営側のチェックが不十分であったことが問題でした。

報道では警察の言い分は下記のようになっている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131003-00000010-jct-soci
イラストについては、一般の人から指摘があり、県警では、 わいせつ物頒布を禁じた刑法175条などに
抵触する恐れがあるとして、実行委と県にホームページからの削除を検討するように求めた。

確かに"わいせつ物ではないが、"と報道しているところもあるが、抵触する恐れはあるということならば、違反するものではない、という米子映画事変側の言い分はウソだということになる。

米子映画事変開催者は連絡先を削除して逃亡

米子映画事変はヨナゴフィルムという会社が窓口となり開催されている。
この会社は以前指摘した通り、なぜか会社の連絡先がフリーメールという怪しすぎる会社である。
・【まんが博】関連イベントは無法地帯

その連絡先が警察介入後削除されていることがわかった。ちなみにソースにはしっかり明記されている。
9月末現在 http://www.yonago-eiga.com/yonagofilm/
9月以前 http://www.peeep.us/07fa559d
※現在魚拓データが削除されているため参照不可能。ご了承下さい。

なおスタッフのブログには今現在も記されているので掲載しておく
http://blog.zige.jp/yonagofilm/
http://www.peeep.us/9fd23772

自分達が絶対に正しい、と主張されるのであればこういう工作は必要ないと思うのだが。
またこの件に関しては鳥取県、米子市、教育委員会諸氏は公表して謝罪ではなく、もみ消し隠蔽に走っているようである。

未成年がいる場所でR-18を宣伝するありえない現状

以下寄せられた情報------------------------------------
妖怪秘宝館には淀江(現在はアルファビル内)の漫画制作会社、ラコミック(ラコスタ)、女神十神関係者も関与していることが判明した。
18禁作品作成を各方面に依頼していたようである。
その際に普段の活動とは別にペンネームを用意するよう指示があったとのこと。
つまり危ない橋を渡る行為だと確信していた証拠に他ならない。

ラコミック社長のFacebookでは今でもこの、警察から指導が入って削除されたエロ絵がシェアされたままである。
しかし警察から指導が入った後は、まったく関係ないとばかりに顛末など一切を隠蔽。
逃げればいい、という姿勢しか見えてこない。
米子のコンテンツ産業はこういった、"自分達がよければ法を犯そうが構わない"という連中によって食いつぶされようとしている。
それに補助金を出す鳥取県、後援する米子市、教育委員会も同罪ではないのか。

また、企画の広報に関して女神十神作画の人物がPixivのコミュニティで広報していた
http://www.pixiv.net/group/?id=5248
http://www.peeep.us/c814793c
宣伝文にはっきりと"R-18コーナーもありますww"と書かれているが、
このメンバーの中には18歳未満と推測できる人間もいる。
http://www.pixiv.net/group/?id=5248&max=1388542006
https://archive.is/PXZ0u
寄せられた情報ここまで------------------------------------
注 お寄せいただいた情報は確認の上掲載させていただきました。

18歳未満にR-18を宣伝するのは問題があるのでは。
警察に取り締まられてもなお、彼らはことの重大性を理解していないようである。
今回いただいた情報に関しては提供者が特定されないよう、提供された内容を変えない範囲で文章を変更させていただいた。
また、アルファビルといえばこれまた、国や県の税金で運営されているビルであるが、一連の騒ぎを見ているとまともな運営はなされていないのがよくわかる。

全国へ大々的に報道された鳥取県と米子映画事変の問題

HPにみだらなイラスト 鳥取県が補助金のイベント
http://www.excite.co.jp/News/society_g/20131002/Kyodo_BR_MN2013100201002181.html
http://www.peeep.us/f0c153aa

共同通信2013年10月2日 21時04分 (2013年10月2日 21時07分 更新)
鳥取県が補助金を出している町おこしイベントのホームページに掲載されたイラストがみだらだとして、
鳥取県警が主催者と県に注意し、削除を検討するよう求めていたことが2日、県警などへの取材で分かった。
既に削除され、イラストが印刷されたチラシも回収済みという。県警生活環境課は「今回はわいせつ物には
当たらないが、画像にせよ文章にせよ、不特定多数が見る場に掲載する際は十分に注意してほしい」としている。

街おこし企画のHPに警察が削除要請 みだらなイラスト
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131003-00000043-asahi-soci
http://www.peeep.us/d47b415a

朝日新聞デジタル 10月3日(木)16時30分配信
【山崎聡】鳥取県米子市で開かれている映画や漫画などを使った街おこしイベントで、ホームページに
掲載された女性のイラストがみだらだとして、県警が主催者側に削除を求めていたことがわかった。
イベントには県が補助金を出していた。画像はすでに削除され、印刷したチラシも回収された。
イベントは、アニメ制作会社「ガイナックス」(東京)が中心となって9月28、29日と10月5、6日に
開く「第三次米子映画事変」。県が進める「まんが王国とっとり」事業の関連で、県から2100万円の補助金を受けた。
問題の画像は、イラストレーターらが妖怪をモチーフにした作品を展示する「妖怪秘宝館」の紹介で掲載。
女子高生と妖怪が描かれている場面で、女子高生の制服がはだけ、下半身が半ば露出していた。
県警生活環境課は「わいせつ物にはあたらないが、不特定多数が閲覧できる場合は十分な注意が必要」と判断。
主催者と県側に指摘した。
県まんが王国官房の前田修官房長は「クリエーターの自主性も大事にしないといけないが、チェックができ
なかったのは残念だ」と話した。

鳥取県補助のイベントHP「みだらなイラスト」 実行委「性器が見えないと思った」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131003-00000010-jct-soci
http://www.peeep.us/a2267344

J-CASTニュース 10月3日(木)19時53分配信
黒く塗られているものの、女子高生ともみられる女性の性器が透けて見え…。鳥取県で行われている町おこし
イベントのホームページに、こんなイラストが掲載され、県警の指導で主催者らが削除する事態になっている。
イラストが載ったのは、鳥取県米子市内で2013年9月28日から始まった「米子映画事変」のホームページ上だ。
「妖怪秘宝館」コーナーのトップに、イラストが載っており、その下のリンクからは、イラストが載ったちらしも
見られるようになっていた。

■女子高生ともみられる女性の性器が透けて見え
イラストを黒い透かしからよく見ると、制服姿ともみられる女性が大きく股を広げ、性器も透けて見える
ようになっていた。また、イラストには、女性をいじる小さな妖怪がいくつも描かれており、これは黒く
塗られていなかった。
町おこしイベントは、アニメ制作会社「ガイナックス」などで作る実行委員会が主催し、鳥取県の事業
「まんが王国とっとり」から補助金が出ていた。イラストについては、一般の人から指摘があり、県警では、
わいせつ物頒布を禁じた刑法175条などに抵触する恐れがあるとして、実行委と県にホームページからの
削除を検討するように求めた。
実行委などでは、その指導に従って、イラストを削除し、ちらしなども回収した。

このニュースが10月2日に流れると、ネット上では、イラスト掲載について、「さすがにダメだろw」と
いった声が相次いだ。一部で、「警察が何故介入したのか?」との疑問もあったが、わいせつ物に当たるの
ではないかとみる向きは多い。
主催者側は、なぜこのようなイラストを載せたのだろうか。
実行委事務局をしているイベント運営会社「ヨナゴフィルム」では、その理由について、次のように説明した。

「妖怪秘宝館」のメインビジュアル
「確かに、イラストには女性の性器も描かれていますが、全体的に女性が黒くシルエット状になっており、
周りの妖怪で隠してもいます。ちらしなどに印刷したものは、かなり黒が濃くなっており、サイズも縮小
されていますので、性器などは見えないと思っていました。それで、エロスもテーマになっている『
妖怪秘宝館』のメインビジュアルとして使用することにしました」

ところが、ホームページのコーナートップに載せたイラストは、モニターの光の具合で黒が薄くなって、
性器などが見やすくなっていたという。
「結果として、こちらのモニターチェックが足りませんでした。配慮が足りなかったと考えています」

鳥取県警の生活環境課長は、取材に対し、「即座にわいせつ画像と判断してはいません」としたが、
県の青少年健全育成条例に抵触する恐れはあるとした。「性器を露骨に見せていないと判断されても、
陰毛やお尻といった描写が卑猥だとみなされることもあります」と言っている。
イベントでは、18歳未満は立ち入り禁止のスペースも設けてあるが、もしイラストそのものがわいせつ物にも
当たる恐れがあるならば、イラストはこうしたスペースでも展示できないことにもなる。
この点について、実行委事務局では、メインビジュアルとの位置づけから、イラストはスペースにも
最初から展示していないと説明した。


チェックもなにも、まんが博の一連の問題を見ている限り、鳥取県には自浄作用というものがない。
そもそも町おこしをするつもりすらない。
復興予算も税金も連中にとっては気軽に使えるお小遣いでしかないようだ。

これらの事業に関わっている人間、団体
【まんが博】大失敗に関する面々
http://www34.atwiki.jp/anikaru/pages/57.html

その他まんが博、アニカルまつり、コスプレ地域振興研究会、に関わりのある人物
http://blog.zige.jp/junya/kiji/344313.html
http://www.peeep.us/d33ce135

これだけの面々がそろいながら自浄作用は皆無というのが信じられない。

他報道した新聞社(わかる範囲内で掲載させていただいた 右側はすべて魚拓)
http://buzz.news.yahoo.co.jp/article/4ad44aebe36d161b29aaa55d5d8ad28492755f6c/ http://archive.is/IyDLu
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131003-00000109-jij-soci http://www.peeep.us/168ddd94
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131003-00000073-zdn_n-sci http://www.peeep.us/dc728e35
http://www.sakigake.jp/p/news/national.jsp?nid=2013100201002180 http://www.peeep.us/53a7cec2
http://www.47news.jp/news/2013/10/post_20131002210422.html  http://www.peeep.us/95122f3c
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2013100201002180.html  http://www.peeep.us/d914ad7c
http://news.infoseek.co.jp/article/02kyodo2013100201002181 http://www.peeep.us/f0377408
http://t.news.goo.ne.jp/news/876084            http://www.peeep.us/457f3638
http://ceron.jp/url/www.47news.jp/CN/201310/CN2013100201002180.html  http://www.peeep.us/9b7bd01f
http://www.sanyo.oni.co.jp/news_k/news/d/2013100201002180/  http://www.peeep.us/415e79d5
https://kumanichi.com/news/kyodo/social/201310/20131002032.shtml http://www.peeep.us/606caf75
http://www.sannichi.co.jp/kyodo/news2.php?genre=National&newsitemid=2013100201002180 http://www.peeep.us/41b035de
http://www.chibanippo.co.jp/c/newspack/20131002/159279 http://www.peeep.us/17b9a23f
http://www.jyosei-kin.net/%E8%A3%9C%E5%8A%A9%E9%87%91/53304.html http://www.peeep.us/c93b204b
http://www.nnn.co.jp/dainichi/knews/131002/20131002154.html http://www.peeep.us/1ff7b5f0
http://www.nagasaki-np.co.jp/f24/CO20131002/na2013100201002180.shtml http://www.peeep.us/115ef566

地元メディアでも掲載

記事の写真提供をいただいたので掲載する。
10月3日付け 山陰中央新報記事より

画像の直接リンクが出来ないため、恐れ入りますがダウンロードを希望される方は画像をクリックしていただくか、下記アップローダーからそれぞれダウンロードしてください。
http://ux.getuploader.com/anikaru_gimon/