【とっとりアニカルまつり】でトラブルが起きてもスタッフは何もしない

いざとなったら逃げられるように連絡先は掲載なし

【とっとりアニカルまつり2013】のガイドブックが配布されているが、驚くべきことに 連絡先はメールアドレスのみ
これでは何かあっても参加者はメールでのみしか問い合わせできないし、それも握りつぶされてしまえば参加者は何もできない。
大きなイベントを開催する立場でありながら、連絡先はメールアドレスしか掲載していない時点で、自分達はまともに連絡先も掲載できない怪しい集団です、と言っているのと同じである。
毎年開催されるたびに内容が低レベルになっていくと思っていたが、どうやらスタッフのレベルも最低限に達したようだ。
木谷康祐氏はいろいろな興行を行ってきたのが自慢らしいが、こんな初歩的な対応もできないあたり、とてもその経歴が本当であるとは思えない。
スタッフがアニカルまつりでの疑問や問題指摘に対応せず逃走した時点で全員まともではないのだが。

ほんとうにひどい、素人以下のスタッフ対応

2011年 
酒販売が免許に問題がある、違法ではないのかと指摘されると掲示板を削除して逃走

【とっとりアニカルまつり2012】が開催される意味とは
http://www34.atwiki.jp/anikaru/pages/27.html
問題はすべて未解決のまま関係者が逃走した【とっとりアニカルまつり2011】 項目

【とっとりアニカルまつり】の問題点一覧
http://www34.atwiki.jp/anikaru/pages/15.html
【開催日の問題点】 項目

2012年
予告した時間に整理券を配布せず、マナー違反した人だけが得をする 注1
コスプレのルールもマナーも一切提示せず違反しほうだい。さらにスタッフがコスプレイヤーや一般客を勝手に撮影してネットや紙面に公開するありさま 注2

注1
失態だらけの【とっとりアニカルまつり2012】
http://www34.atwiki.jp/anikaru/pages/28.html
ルールを守って【声優トークショー】に参加しようとする人が参加できない 項目
当日次々変更される情報に参加者大混乱 項目

注2
【とっとりアニカルまつり】コスプレイベント問題点
http://www34.atwiki.jp/anikaru/pages/18.html
反省点を無視して次なるイベントへ 項目

アニカルまつりの告知冊子などにも、勝手に撮影されたコスプレイヤーや来場者が掲載されている。
これだけ見ても、こんな問題だらけのイベントが毎回開催できるのは鳥取県が一部の業者のみに金を出して擁護しているからであり、民間がこんなレベルで開催すれば一度でつぶされる羽目になるだろう。

参加者には盗撮をしないよう呼びかけ、自分達は無断撮影し放題

【とっとりアニカルまつり】の【とりコス】においては、被写体に許可を得て撮影すること、とある。
しかし2012年の冊子(上記項目参照)や、2012年のアニカルまつりの様子をスタッフがあげた写真などを見ても、相手に許可を取らず無断撮影しているのはスタッフの方であり、
コスプレイヤーのみならず参加者を顔が分かる状態で勝手に撮影してネットに掲載するのは非常識とは言わないのか。
アニカルまつり冊子には「撮影した写真を無断でネットにあげてはいけない」とあるが、撮影に関するモラルが必要なのはスタッフの方であろう。

なぜ?反転された鳥取県地図の謎

アニカルまつり2013冊子の表紙に描かれている鳥取県は、 左右反転された絵 になっている。
うっかりはありえないだろう。
デザイン性から反対にする必要があるとは思えない。
うっかりだとしたらあまりにも軽率な行為であるし、わざとやったのなら実に悪意的である。
こんなイラストを通してしまうこと自体関係者の常識がマヒしているとしか思えない。
あやしいお米セシウムさん騒動と何が違うのか。

またこのリトットは韓国の太極旗を胸につけており、さすがにこれはどうなのかという指摘もある。



緊急 とっとりアニカルまつり2013にテロ予告が出た模様