【まんが王国とっとり】アピールのために天皇陛下まで利用する平井知事

鳥取県の恥を両陛下にまで紹介してしまった

5月25日から27日にかけて、天皇陛下皇后陛下が【第64回全国植樹祭】のため来県された。
27日平井知事はコンベンションセンターにおいて【まんが王国とっとり】取り組みを両陛下に紹介。
しかしかねてからこのwikiでも触れている通り【まんが王国とっとり】の催し物【国際まんが博】では東日本大震災のための復興予算が、PRキャラバン隊につぎ込まれていたことが判明しており、国民からも厳しい批判を受けている。

震災時にはお言葉を出され、今もなお被災者のためにお心を痛められている両陛下がこのことをお知りになったらどう思われるのか。

また地域振興として何の結果も出せていないどころか、県民からそっぽを向かれているものを平気でお伝えして恥ずかしくないのだろうか。
そんなことも考えず、アピールした者が勝ちとばかりに紹介する平井知事の神経が理解できない。
鳥取県がかなり前から力を入れている、子育て支援制度など、成果がありアピールできた政策は他にあったはずである。
国民として大変恥ずかしく、残念に思う。

両陛下、鳥取からご帰京 全国植樹祭などご出席
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130527-00000557-san-soci
魚拓 http://archive.is/NME2i
帰京前には、県立米子コンベンションセンターも訪れ、同県出身の漫画家、
水木しげるさん(91)らを紹介する地域振興「まんが王国とっとり」の展示パネルもご覧になった。

鳥取県知事が見ていて痛々しい、漫画イベントは根っこがない結末 日本海新聞4月30日コラム
http://www.nnn.co.jp/column/kaityouon/index.html

こんなものを紹介して天皇陛下に失礼ではないか、とはまったく考えなかったのだろうか。