また税金が無駄に投入されていた【コスプレ地域振興研究会】の【こすぴッと】

誰も知らない、どこでやっているのかもわからない企画に税金

http://www.manga-tottori.jp/?id=390
「まんが王国とっとり」国家戦略プロジェクト推進補助金第2次採択事業

こちらのページには【まんが王国とっとり】のための事業一覧が掲載されている。
やる気を出すのは悪い事とは言わないが、企画のほとんどは名前を聞いたこともない、どこで開催されていたのかもまったくわからないようなものばかり。
このまとめwikiでも問題団体として何度か取り上げている【コスプレ地域振興研究会】に至ってはすでにコスプレと関係ない企画を堂々申請しているありさま。
鳥取県の無意味な税金ばらまきはまだまだ終わらないようだ。

存在意義のない【こすぴッと】も鳥取県の税金でプロデュース

【こすぴッと】とはいったい何なのかを調べてみると、
  • 米子市を中心に活動する、12~16歳の少女ユニット
  • コスプレと大衆マッチングさせ、米子に新しい文化旋風を巻き起こすために、2012年6月に結成されました。
  • 各種ステージ、ライブなどではアニメソングやボーカロイドを中心に、歌やダンスを披露。地元コミュニティFMのアシスタントパーソナリティも務めます。
  • いつの日か本当のアイドル(天使)になれる事を目指して、今日もいろいろがんばっているのです。
こすぴッと
http://www.cospit.jp/
http://www.nicovideo.jp/watch/sm19411238
ニコニコ動画にあげても誰も見ていない、誰も知らないという酷い存在。
2012年12月25日現在削除されているのを確認。管理人が確認した時(12月上旬)は視聴数28だった。

活動記録によると活動はバードプリンセスと変わらない上に、【コスプレ地域振興研究会】によるプロデュース。
しかも【まんが王国とっとり】に絡んだ活動は一切していない。
ガイドブックなどを確認したが一切"こすぴッと"の表記はなかった。注1
これで地域アピールのためのアイドル活動というには無理があるし、補助金の使い道報告が数字の羅列だけでなく確認できる証拠付でなされていない【コスプレ地域振興研究会】がプロデュースすべきではない。
まだ純粋に"ご当地アイドル"として地元企業と提携しながら活動していく方が無難だと思う。

注1
確認資料
国際まんが博 ガイドブック
国際まんが博 とっとりまんがドリームワールド各会場チラシ
国際まんが博 保存版チラシ
まんが王国とっとりチラシ
なおこれらの資料にはバードプリンセスも掲載されていない。PR隊として結成されたのに、存在が無視されているのはおかしいと思う。
鳥取県の観光PRを目的として活動している【コスプレ地域振興研究会】の掲載もない。

注 文章を一部訂正いたしました。

つまり鳥取県の補助金でアイドル目指して活動という団体である上に、またも【とっとりアニカルまつり実行委員会】【コスプレ地域振興研究会】とつながっている存在である。

【コスプレ地域振興研究会】は虎視眈々と来年の鳥取県補助金を狙っている

第7回 コスプレ地域振興研究会 一般参加会議開催のお知らせ
http://blog.zige.jp/cos/theme/10760.html

議案の中にこう書かれている
来期の予算組について検討
  • 鳥取力創造運動支援補助金ネットワーク型(未来づくり推進局)
  • 鳥取力創造運動支援補助金ビジネスモデル創出型(未来づくり推進局)
  • ベンチャービジネス支援補助金(鳥取産業振興機構)
  • 鳥取県外国人観光客倍増促進補助金(文化観光局)
  • コンテンツ・事務管理関連雇用事業補助金(商工労働部)
  • まんがコンテンツビジネスチャレンジ補助金(商工労働部)
  • 各企業からの協賛金 など、他提案

これだけの補助金を鳥取県や他の企業からむしり取るつもりらしい。
以前からも補助金をちょくちょくもらっていることがわかっている。
H23年度鳥取力創造運動支援補助金(スタートアップ型・新規)
西部地区
 http://www.pref.tottori.lg.jp/dd.aspx?menuid=156548
注 鳥取県側でページが削除されており、代替ページも用意されていないようなので、キャッシュURLを表示する。
http://web.archive.org/web/20111118041946/http://www.pref.tottori.lg.jp/dd.aspx?menuid=156548

誰もこない企画ばかり連発する連中にどうしてここまで補助金が出されるのか不思議でならない。
これは明らかに宣伝不足では片付けられない状況である。
この連中の町おこしで米子市がPR出来たことは一つもない。
2013年も【まんが王国とっとり】が継続されることに便乗して、実質何の活動もしないのに補助金をせしめようとする連中がこれ以上のさばるのは許されない。

【コスプレ地域振興研究会】メンバー
鳥取力創造運動支援補助金を受けているコスプレ地域振興研究会のブログより
  • 会長 濱澤 卓司 通称:みっちぇる
  • 副会長 木谷康祐 オフィスこーちけ所属 通称:こーちけ
  • 副会長 後藤秀一 通称:ジェームス後藤 後藤行政書士事務所を経営する行政書士。
  • 書記 岩田加代子 通称:KAYOKO
  • 会計 河合勝齊 通称:勝斎先生

その他メンバー
遠藤浩司(HN:コージ、アニカラ鳥取司令室主催)
田中和子(HN:れい♪、同副主催)
下田慎治(HN:えな、古参参加者)
米原澄江(HN:よくちゃん、古参参加者)
仙台高志(HN:ナチュラル、古参参加者、元声優志望で熱烈な声優ファン)


町おこしに何も関係ないのに補助金目当てで活動の場を増やす

1月〜
・だいせんホワイトリゾートのイベント【仮装して滑走大会】平成25年1月27日への参加検討。
→一般のコス衣装では寒い(気温が)。
3月〜
・3月末までに弥勒会のイベントを企画してみては。
→ひなまつりを絡めたり、未開催の「ドレパ」等々。
・3月にバンドイベント。
→バンドを披露出来るイベントの要望があることから。ボカロ、コスプレバンド、アニソンバンドなど。
→もしくは7〜8月の夏季に、撮影・運営等を高校生を主体としてさせるのも一案。
5月〜
・航空自衛隊美保基地の人とサバゲーイベント
→基地からも前向きな反応?航空祭の前夜祭とかに開催可能か?ガン雑誌になんかにPRすれば尚良し。
目的は、住民との親睦・交流・地域振興。こすぴッとの衣装なんかも陸・海・空で揃えたら面白そう。
7月〜
・がいな祭り、水郷祭へのこすぴッとステージ計画。
9月〜
・全国都市緑化とっとりフェア「水と緑のオアシスとっとり2013」平成25年9月21日から平成25年11月10日までの51日間
→何か協力できないだろうか。

2013年はこすぴッとを全面的に売り出していくつもりらしく、寒い予定がずらずら並んでいる。
また、補助金申請の予定表も掲載されている。
自分達の遊びはぜひ、自分達で金を出し合ってやっていただきたい。
鳥取県の補助金はこの連中のATMではない。
これ以上鳥取の恥を晒さないでいただきたい。

違法の可能性が出てきた