なお【まんが王国とっとり】を続けたがる鳥取県が理解できない

ここまで失敗しているのにさらに継続される【まんが王国とっとり】

これだけ閑古鳥が鳴いていて、来場者水増し発表が問題視されている にも関わらず、鳥取県は来年も【まんが王国とっとり】継続を決定。
やるならぜひ関係者の自腹で行っていただきたい。
来場者もいない、他県にまで迷惑をかける、こんな恥さらし企画にもはや1円たりとも税金は使わないで欲しいものである。

鳥取県民の税金は関係者が遊ぶために存在するのではない。


「まんが王国」継続盛る 県政策戦略会議
http://www.nnn.co.jp/news/121018/20121018008.html
web魚拓 http://megalodon.jp/2012-1026-2352-00/www.nnn.co.jp/news/121018/20121018008.html
鳥取県の新年度予算編成に向けて政策戦略テーマを議論する「政策戦略会議」の2回目の会合が
17日、県庁であった。9月の初会合では、新年度の10の政策戦略テーマに本年度の最重点事業
「まんが王国」に関する項目がなく、疑問の声が上がったことを踏まえ、今回の会合では
「まんが王国発ソフトパワー」の項目が新たに盛り込まれるなど整理され、これらの10項目を
もとに予算編成作業を進める方向を確認した。
会合には平井伸治知事をはじめ、県の部局長が出席。新年度予算編成の政策戦略テーマとして
「とっとりグリーンウェイブ」「危機を克服 産業未来・雇用創造」など10項目が提示され、
予算化が見込まれる事業が列記された。

「まんが王国」に代わり、新年度の最重点テーマとなる「とっとりグリーンウェイブ」には、
全国植樹祭や全国都市緑化とっとりフェアの開催に当たり、鳥取流の緑化スタイルの発信や
里山対策などの展開に結び付けることや、米子市の崎津地区に建設される大規模太陽光発電所を
核とした環境学習ネットワークの構築などの方向性が盛り込まれた。

一方、まんが王国関連の事業は、コンテンツビジネスの立地促進や漫画の拠点整備などは
各テーマの細目に分散させつつ、「まんが王国発ソフトパワー」という独立した政策テーマも設定。
前田修まんが王国官房長は「新年度は夏休み期間中に展示やステージなど、ファミリー層向けの
イベントを検討中」と報告し、今年のドリームワールドのような集客イベントを継続する考えを報告した。

県民の声も無視できなくなってきている

以下寄せられた情報------------------------------------

鳥取県民が「アニカルまつり本当に2万人も来たの?」と質問 しています。
.鳥取県は「とっとりアニカルまつり実行委員会が、推計、発表したもので、
.2万人が常時滞在していたのではなく、トータルの延べ人数と伺っています。」
http://db.pref.tottori.jp/KenminH24HP.nsf/fbe6a255134c47a1492574e8002517bd/254b6887bbf1ff1e49257a9a002d3e5d?OpenDocument&Highlight=0,%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%82%AB%E3%83%AB
と嘘ぶいてます 、こんなところに千万単位の税金をつぎ込みながら全くチェックは無いようです、恐ろしい話です。

寄せられた情報ここまで------------------------------------
注 お寄せいただいた情報は確認の上掲載させていただきました。

ちなみにネット上では、確かに意見を送ったはずなのに掲載されないという声がちらほら。
自分もメールや電話だけでなく県民の声にも送っているが掲載されていない。
こうやって本当に都合の悪い意見は掲載しないでおいて"県民からの批判はない。好意的に受け止められている"と発言できる知事の無神経ぶりが理解できない。
しまいには、不正使用を問われて逆切れしだすのだから呆れてものも言えない。
県民は非常に怒っている。
・税金不正使用が暴露されても捏造はやめない鳥取県

【とっとりアニカルまつり】から名称を変えてまで続行
・後藤秀一氏を代表とした団体【あにかるっ!】が活動開始

県民の声まとめはこちら


他県の文化を平気で乗っ取る【まんが王国とっとり】の実態


県ご自慢の改名も縁起が悪いと噂に