あまりにもずさんすぎる【国際まんが博】開催以降の対応

ネットから全然読めない【国際まんが博】ガイド

http://www.manga-tottori.jp/users/editor/File/manga_haku/International%20Manga%20Exhibition_Japanese02.pdf
こちらは、【まんが王国とっとり】からリンクされている、【主なイベント日程がよくわかる国際まんが博ガイド(PDF)】だそうである。
ためしにクリックしてみると、 ブラウザからはまったく読めない。
拡大してみても今度は解像度が低いためまったく読み取ることができない。

こういう無意味なガイドを平気で掲載して誰も確認しないのか。

印刷してかろうじて読み取れる程度である。
これでは遠方の人は何がどこで行われるのかチェックしにくい。
配布されている【国際まんが博】ガイド冊子をわざわざ入手する必要がある。
注)県外ではどこで配布されているかはまったく明らかにされていない。

文字バージョンもあるが、こちらはいちいちクリックしなければ見られない。
http://db.pref.tottori.jp/mangaevent24.nsf/index.htm
ウェブサイトの作成くらい、専門業者に任せているのではないかと思うが、それにしてもひどく雑な構成である。

開幕して一月、【まんが王国とっとり】にはまだまだリンクされてないページが堂々掲載

http://manga-tottori.jp/?id=343
こちらのページ中ほどに【COMING SOON!!】がある。
クリックしてみても【COMING SOON!!】状態。
残しておく意味が理解できない。
公開したら誰も確認すらしないのか。

姿も噂もみかけないバードプリンセス

大々的に金をかけてのPR隊結成は一体なんだったのか。

華々しくニュースなどで【まんが王国とっとり】PR隊として結成されたバードプリンセスだが、開幕すれば当然特に用はないらしく、 ブログが更新される以外ニュースにもステージにもほとんど登場しない。
スケジュールカレンダーを見ても、8月の予定が未定で終わっているものも多く、どういう活動をしているかまったく不明。
9月のスケジュールは1件のみ。【9月1日現在確定しているもの】
一体何のために結成されたのか。


連携がまったく取れていない【まんが博】各種企画

まんが博のメインイベントである【まんがワールド】が9月7日より倉吉に会場を移した。
一方で昨年からアニメで鳥取の町おこしをと企画されている【とっとりアニカルまつり2012】は米子で8、9日の開催である。
どうして最寄りの会場にして来客の相乗効果を狙わないのかよくわからない。
【まんがワールド】が米子に来る期間に【とっとりアニカルまつり2012】を開催した方がより多くの集客を見込めるだろう。
こういったことでも、各企画の責任者がお互いに連絡を取らず、好き勝手に動いているのがよくわかる。

【まんがワールド】が頼みの倉吉

名探偵コナン自体は世に知られた漫画作品だが、青山剛昌ふるさと館の集客数は年々低下している。
昨年は2万4000人だったようだ。
【まんがワールド】の会場が倉吉に来たことで、相乗効果を狙うようだが、交通の便が悪い鳥取中部でどこまで来客が見込めるかは定かではない。
初日からにぎわったという報道もされているが、映像を見る限り人はまばらで、近くの幼稚園児を招いて来場者が多いように見せかけたという印象しか受けなかった。
ちなみに【まんがワールド】鳥取会場の来場者は6万人程度。
もちろん【まんが博】全体での来場者予測とはいえ、目標の300万人には程遠い数字である。
また、同じ【まんが博】関連企画であるはずの【とっとりアニカルまつり2012】はほとんどニュースで取り上げられていない。
協力しあう、という考えはないようだ。

捏造で継続できるほど甘くなかった【まんが王国とっとり】



どう見ても、成果が挙げられなかったが故の終了にしか見えないのだが。
もともと実績がないものを捏造してまで続ける意味がないのだから当然の結果だろう。
このまま消滅させたほうが鳥取県のためである。
これ以上世界に向けて恥を晒してほしくない。
それでも来場者の水増し発表をやめないあたり、鳥取県が何をしたいのか理解できない
・どれだけ指摘されても来場者水増し発表をやめない鳥取県
・【まんが博】来場者水増しになりふり構わない鳥取県がひどすぎる
参照
これはもう、町おこし企画ではない。