2015年8月開催の第54回日本SF大会【米魂】にも疑惑の声

他県の歴史を完全乗っ取りしてPR

以下寄せられた情報------------------------------------

いつもこちらのまとめを拝見しております。
今年(2015年)8月29日~30日にBIGSHIPで開催される「米魂」について、開催前から問題を起こしているようですのでお知らせしておきます。
この催し物は毎年各県持ち回りで開催されている「日本SF大会」という長い歴史のあるものですが、今年は鳥取が開催地ということで、鳥取県が力を入れており、女神十神企画のイラストレーターにチラシ絵を書かせるなどしています。
米子映画事変もしゃしゃり出てくるようです。
ところが、そのチラシ絵がお隣島根県の「出雲神話」モチーフだとして問題になっているようです。
むしろ鳥取県の文化はまったく描かれていない状態です。
以前から鳥取県が、島根県の出雲神話を「鳥取のもの」と主張を始めているのは知っていましたが、この大会のような由緒ある催し物を利用してまで歴史捏造を広めていることは鳥取県民として看過できるものではありません。

チラシ絵を描いている小村博明も女神十神企画の人間ですから完全にわかってやっていると思います。
ここまで他県の文化を我が物として主張するのは何かあるのでしょうか。
どこかの国の起源主張のようで気分が悪いです。
とりいそぎお知らせしておきます。

まとめ
第54回日本SF大会「米魂」の裏事情まとめてみた
http://matome.naver.jp/odai/2143030466008466601
上記サイトより引用
寄せられた情報ここまで------------------------------------
注 お寄せいただいた情報は確認の上掲載させていただきました。

小村博明氏について

【米魂】へ鳥取県から補助金が出ているが、こちらについては今までの大会でも自治体の支援がある。
問題があるとすれば、関わっているのが平気で他人のものを盗用し、トラブルを起こしても逃げるばかりの連中だということだろう。
鳥取のクリエイターはオリジナルの作品を生み出す能力はないようである。


外部サイト
第54回日本SF大会「米魂」の裏事情まとめてみた
http://matome.naver.jp/odai/2143030466008466601