まんが王国とっとり、韓国漫画事業と提携

県民の意思を完全に無視

ソウル市 「まんが王国」鳥取県と提携=明洞で展示実施へ
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/05/26/2015052602500.html
https://archive.is/BQA9e
【ソウル聯合ニュース】ソウル市は26日、「まんが王国とっとり」を掲げる鳥取県と協力し、ソウル中心部の繁華街、明洞にある漫画ロード「チェミ路」(中区南山洞2街)で多彩な展示を行う計画を発表した。
市は25日に鳥取県西部総合事務所と業務協定を締結した。
鳥取県は47都道府県で最も人口が少ない。それにもかかわらず、「ゲゲゲの鬼太郎」で知られる漫画家・水木しげるさんや、韓国でも人気の「名探偵コナン」の原作者・青山剛昌さんらが同県出身であることから、「漫画」を活用した異色のプロジェクトを展開し、年間数百万人の観光客を集めている。
ソウル市は同県との協定を通じ、チェミ路にある漫画博物館で日本をはじめ韓国でも人気のある多彩なコンテンツを展示する計画だ。

世論の反応は冷ややか、手厳しい意見ばかり

「鳥取になんのメリットがあるの?」 ⇒ ソウル市、「まんが王国」鳥取県と提携!明洞で展示実施へ
http://mizuhonokuni2ch.blog.fc2.com/blog-entry-10704.html

【悲報】韓国ソウル市、『まんが王国』鳥取県と提携 明洞で展示実施へ
http://hosyusokuhou.jp/archives/44187796.html

【えっ?】ソウル市、「まんが王国」鳥取県と提携
http://ameblo.jp/shippou-japan/entry-12032815070.html

【日韓】ソウル市、「まんが王国」鳥取県と提携=明洞で展示実施へ[05/26]
http://www.msoku.net.espacesuite.com/archive/entry-10192.html

鳥取県の補助金で韓国は独島PR

鳥取県は韓国への交通にも多額の補助金を出しているが、韓国が"独島はわが国の領土である"とアピールすることの支援にしかなっていない。
また、韓国への強制修学旅行(高校生)は今も継続されている。
高校側が書類を偽造して提出し、保護者への説明もなく韓国への修学旅行を強行したとして問題になっている。

「2012/08/08(Wed) 06:41
旅行博士は日本から帰って来る途中、独島を経由して、船室で日の出を鑑賞する旅行商品を販売すると7日、明らかにした。
この商品は日本海と日本・鳥取県の境港を往復するDBSフェリーの航路を修正し、独島に立ち寄るもので、9月6日に出発する。」





漫画だけでなく韓国平昌五輪も支援すると発表

外部サイト
情報は提供いただいたものです。

MERS大流行の中、韓国ソウルで「アンテナショップカフェ鳥取」開設

http://www.city.tottori.lg.jp/www/contents/1395017128986/index.html
https://archive.is/azRqW
【平成27年度 韓国ソウル市に「鳥取市アンテナショップ」開設】
株式会社Trees(鳥取市栄町)は、営業している韓国ソウルに韓国ソウルホンデcafeSOURCE内に「アンテナショップカフェ鳥取(店名:ベロベロ)」を平成27年5月に開設しました。

MERS大流行を受けて2015年6月、秋田県はソウル便を一時運休している。
鳥取県のソウル便はそのまま運行されている。
「ソウル-秋田」一時運休へ 韓国MERS感染拡大で
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20150620-00000012-ann-soci
テレビ朝日系(ANN) 6月20日(土)11時50分配信
MERSコロナウイルスの影響で、韓国・ソウルと秋田を結ぶ定期便が今月29日から一時運休することになりました。
大韓航空によりますと、ソウルと秋田を結ぶ定期便を今月29日から来月30日まで一時運休するということです。

韓国公演団の音楽演奏も【まんが王国とっとり】の実績に

韓国の江原道青少年公演団による特別公演 開催!!
http://manga-tottori.jp/?id=1238
江原道青少年公演団の来鳥が決定し、このたび、名探偵コナンアクションパークにて特別公演を開催!
嶺西(ヨンソ)高校生14名の華麗なパフォーマンスを見逃すな!

江原道青少年公演団とは・・・
嶺西(ヨンソ)高等学校農楽団「ソリダリ」は江原道無形文化財第18号である原州梅芝(メジ)農学を伝承しており、15年間多数の公演を行い、数々の受賞実績を持つサークルです。また、韓国で最も大衆的な伝統音楽である農楽は、その華やかさとダイナミックなリズムを活かして観客と一緒に楽しめるのもその魅力の一つです。

この公演は【まんが王国とっとり】事業として紹介されている。
これの何が漫画と関係がある事業なのか、まったく理解できない。
【農と食のフェスタinせいぶ】といい、漫画と関係なくても鳥取の地で開催しただけで漫画事業になること自体おかしい。