何の成果も出せないまんが王国とっとりに2015年も億単位の予算

なぜ?まんが王国とっとりに2億円もの予算

当初予算主要事業参考資料
http://www.pref.tottori.lg.jp/238918.htm
4 彩り、輝き-とっとりの誇り
事業別参考資料より
http://www.pref.tottori.lg.jp/secure/921570/irodori.pdf
26ページ(表記は198ページ)
まんが王国発ソフトパワー事業
本年度 209,438(単位:千円)
注 情報は提供いただいたものです。

本年度もまた、米子映画事変には2000万近い予算が出ている。
代表はアニメや漫画を馬鹿にしている上に、毎年何らかのトラブルを起こし、地元貢献どころか鳥取県の信用を落としてばかりの団体がなぜここまで支援されるのか。
さらに今年は【まんが王国とっとりプロデュース会議】なるものも新設されまた予算が割かれるそうである。
東京オリンピックとコナンや鬼太郎をからめているのも理解できない。

関連記事
・【まんが王国とっとり】関係者、過去アニメファンへ暴言で炎上
・補助金を使って入場年齢制限なしのエロ展示を堂々開催
・ついに鳥取県警が動いた米子映画事変のエロ絵展示問題
・地元事業にすり寄り始めたヨナゴフィルム、米子映画事変、DARAZ FM
・警察沙汰でもトラブルだらけでも補助金が出るまんが王国とっとり
・捏造、乗っ取り、【YONAGO Wonder!】と【まんが王国とっとり】
・空きスペースを貸すだけでアカデミー開校?ガイナックスシアター
・【とっとりアニカルまつり】が女装写真集出版へ
・もはや死に体の【まんが王国とっとり】、【とっとりアニカルまつり】、【米子映画事変】
・2016年もまんが王国とっとり予算継続
・2017年のまんが王国とっとり予算額

米子映画事変だけが優遇され、その他の団体はお粗末な支援結果に

平成27年度鳥取県「まんが王国とっとり」国家戦略プロジェクト推進補助金
http://www.pref.tottori.lg.jp/245383.htm

「まんが・アニメ等を活用して地域を盛り上げたい!鳥取県の発展に貢献したい!」
そのような取り組みを考えておられる方は、是非この補助制度をご活用下さい。
補助金上限:200万円  補助率:1 / 2
※採択団体は概ね8団体程度。

いつになったら打ち切られた子育て支援、障害者補助金など社会保障は重要視されるようになるのか。
鳥取県はまんが事業に関わる人間以外には住みづらい場所のようである。

ガイナックスシアターも借り手があまりいないと見えて客寄せ企画などを行っているが、YouTube映像の違法配信を行うのはさすがに常識を逸している。
鳥取県は補助金の使い道を一切チェックしていないのだろう。

米子映画事変の連中はガイナックスシアターでYoutubeの動画を無断配信しています。
完全に著作権者の権利を無視しています。
また、Youtube動画は広告も掲載されるのでその広告主の利益も妨害していることになります。


場違いなアニメイベントに出まくり

まんが王国とっとり秋葉原倶楽部は、 鳥取県と連携のもとアニメジャパンへ出展します。
http://akihabaraclub.jp/info/u510c889e071y818e5/
魚拓 https://archive.is/APt05
http://animeanime.jp/article/2015/03/08/22256.html
魚拓 https://archive.is/EREge

http://www.nnn.co.jp/news/150322/20150322045.html
魚拓 https://archive.is/N5l5K
2015年3月22日
鳥取舞台の漫画や関連商品紹介 アニメジャパン【日本海新聞】
「まんが王国とっとり」を掲げる鳥取県は21日、東京都内で開幕した日本最大級のアニメイベント「アニメジャパン2015」にブースを出展。鳥取を舞台に描かれた漫画や関連商品を紹介し、アニメファンの県内誘客に取り組んだ。22日まで。

秋葉原倶楽部とは、一企業の運営にも関わらず鳥取県が家賃や経費を全面負担しているとして県議会でも問題視されていたものである。
どんな活動をしているかもまったく不明。
これを取り仕切っているのは国が税金を出して建てたアルファビルの、株式会社アルファオフィス 代表取締役 宇田川正樹氏。

なお鳥取県はコミケにも出展し、県内外から批判が寄せられているが、それらの意見はすべて無視されている。
出展イベントまとめ記事
・県内クリエイターの芽を摘む【まんが王国とっとり】
・もはや死に体の【まんが王国とっとり】、【とっとりアニカルまつり】、【米子映画事変】