地元事業にすり寄り始めたヨナゴフィルム、米子映画事変、DARAZ FM

突然鳥取文化事業の後援へ乗り出す

下記はいい加減なまんが事業とは異なり鳥取県内で行われている、地元文化を育てるための真面目な事業である。
ここに今年度になっていきなり問題の連中が登場している。
平成25年度の実施
コネロス~海と山と砂丘と呪われし6人の戦士~
http://cms.sanin.jp/photolib/zaidan/7034.pdf
後援
株式会社ガイナックス ヨナゴフィルム/米子映画事変実行委員会 DARAZ FM

以下は鳥取県がまんが事業を立ち上げた時期のものだがこれらに 上記団体は出てこない
立派な地元の文化なのにお気に召さなかったらしい。


平成23年度の実施  ※公演終了
鳥取県青少年郷土芸能の祭典
http://cms.sanin.jp/photolib/zaidan/3636.pdf
http://cms.sanin.jp/photolib/zaidan/3637.pdf

平成24年度の実施  ※公演終了
邦楽開化~伝統から挑戦へ 次代へひきつぐ日本の音
http://cms.sanin.jp/photolib/zaidan/4859.pdf

以上
ヤング・プロデューサーズ・シリーズ 
http://cms.sanin.jp/p/zaidan/5/1/
より

自分達の売名そして存続のため、ろくに実績もないのに地元の若手を食い物にするのはやめていただきたい。
真面目に文化事業に取り組んでいる団体まで警察沙汰に巻き込むつもりか。