鳥取県のまんが事業ごり押しが止まらない

鳥取藩墓所写真展にまで漫画企画

以下寄せられた情報------------------------------------

わいせつ画で警察沙汰になった米子映画事変の妖怪秘宝館に関わっていた
株式会社ラ・コミックについて情報がありますのでお送りします。
(管理人注 ラ・コミックについては下記記事
・ついに鳥取県警が動いた米子映画事変のエロ絵展示問題・続報)

今鳥取藩主池田家墓所写真展がイオン日吉津店で開催されているのですがそこでなんと
4コママンガ指導をこのラ・コミックが行うそうです。
展示してあるのは美しい写真ばかりで、なぜここにいきなり4コママンガを
ねじ込んでくるのかワケがわかりません。
キャラクター募集とかも何の意味があるのか理解できません。
墓所にマンガが必要でしょうか?

わいせつ画企画をPixivで未成年に対して平気で宣伝してたことからして常識知らずな
会社だと思っていましたが、まったく関係ないものにまでマンガを突っ込んでこないで
ほしいです。
そこまでして自分達が有名になりたいのかと思います。
はっきりいって絵のレベルもたいしたことないですし、売ってるグッズも同じ絵の使いまわし。
本当に酷いです。

鳥取のマンガ事業がオタクからそっぽを向かれたから今度は別の層を取り込もうというのでしょうか?
写真が好きで見に来ている人にとっては本当に迷惑な人たちだと思います。

寄せられた情報ここまで------------------------------------
注 お寄せいただいた情報は確認の上掲載させていただきました。

情報の写真展は下記のもののようだ。
『第6回池田家墓所写真コンクール作品展示』イオンモール日吉津展示
http://www.aeon.jp/sc/hiezu/event/
http://www.peeep.us/b5898b5b
●青谷上寺地遺跡についての展示も併せて行います。
また、イメージキャラクター・4コマまんが講座も開催します。
【イメージキャラクター講座】
日程:12月7日(土)
時間:13:00~16:00
講師:イラストレーター 宮本栄一氏
【4コマまんが講座】
日程:12月8日(日)
時間:13:00~16:00
講師:(株)ラ・コミック 小村博明氏


確かに漫画でアピールする必要があるのか、4コマ漫画の必要性も不明。
一体何がしたいのか。
池田家墓所保存会側から提案するような企画とは思えない。
墓所の魅力を広めるどころか逆効果にしかなってないと思われるのだが。
なお鳥取市教育委員会は"戦国時代の鳥取城籠城(ろうじょう)戦のマスコットキャラクター"として、「かつ江(渇え)さん」を発表して全国から大批判を浴びている。


鳥取市、“籠城戦マスコット”「かつ江(渇え)さん」の公開中止
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1407/09/news162.html

このほか鳥取市は、市主催のコスプレイベントで参加者の個人情報を勝手に公開する騒ぎを起こしている。
外部サイト
鳥取市が10月25日のコスプレフェスタ@砂丘でコスプレイヤーの個人情報を無断公開
http://matome.naver.jp/odai/2144784053286953401