4:398~402


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

398 :名無しさんなんだじぇ:2011/10/02(日) 23:36:41 ID:z7CSx1P.
戦場ヶ原「前回までのあらすじ!」
C.C.「御坂美琴をゲストに迎え、雑談をしていた『毒吐き代行組』!」
戦場ヶ原「しかし雑談の小休止の時、上条当麻と御坂美琴はある事に気付く!」
C.C.「何と『毒吐き代行組』が占拠していたのは『死者スレ控え室』だったのだ!」
戦場ヶ原「一体これからどうなってしまうのか!?」






上条&美琴「「占拠してた当人達がそのあらすじを語るな!!」」
戦場ヶ原「何を言ってるの上条君?」
C.C.「お前もその当人の1人じゃないか」
上条「そうでした!!」
美琴「って言うか…何であんた今まで気付かなかったのよ…」


399 :名無しさんなんだじぇ:2011/10/02(日) 23:37:07 ID:z7CSx1P.
上条「と、とにかく!歴代『死者スレ控え室の主』の写真は、元通りに飾っておきなさい!」
C&戦「「え~~?」」
上条「え~~?じゃねぇ!それらの写真もお前らの言うこの部屋の思い出の1つだろうが!!」
戦場ヶ原「はぁ…分かったわよ…」
C.C.「全くしょうがないな…」
上条「何で上から目線なんだよ…あっ、それから俺とC.C.の写真も外しとけよ」
戦場ヶ原「えっ?どうして?」
上条「どうしてって…紛らわしいだろう?」
C.C.「紛らわしいとは?」
上条「いやだから…俺とC.C.まで『死者スレ控え室の主』だと勘違いされちまうかもしれねーじゃねーか」
戦場ヶ原「何を言ってるの上条君?」
C.C.「勘違いも何も…私達はもう『死者スレ控え室の主』になっていると思うんだが…」
上条「へっ?」
戦場ヶ原「私達がここに居着いてから、もう6日になるのよ?」
C.C.「『死者スレ控え室の主』になるには充分な期間だと思うが?」
上条「い、言われてみれば…いやでもどうなんだろうなぁ…?」
美琴「何丸め込まれてんのよ…」


400 :名無しさんなんだじぇ:2011/10/02(日) 23:38:02 ID:z7CSx1P.
戦場ヶ原「まあ、そのことはとりあえず横に置いといて、雑談の続きをしましょう」
C.C.「その通りだ。前回途中で終わってしまったからな」
美琴「ん~…まあそうね。難しいこと考えてもしょうがないし」
上条「そ、そうだな」
戦場ヶ原「じゃあ前回の続きから…御坂さんの能力は『電撃使い(エレクトロマスター)』。その汎用性は非常に高く、同系統能力の中でも最強」
C.C.「電気を出すだけでなく、磁力、砂鉄、電気信号も操り、戦闘やハッキングなどにも応用可能」
美琴「ふふん」
戦場ヶ原「中でもコインをローレンツ力を使って飛ばす必殺技『超電磁砲(レールガン)』は強力で、御坂さんの代名詞にもなっているわ」
美琴「えっへん」どやっ
C.C.「だがそれらの攻撃も全て、上条当麻に防がれているようだ」
美琴「それを言うなーっ!!」
上条「あ~御坂さん落ち着いt」
美琴「うっさい!元はと言えばあんたが悪いんでしょうが!!」ビリビリ!
上条「どわっ!いきなり撃つな!!」そげぶ!
美琴「だ~っもうっ!ホントなんなのよその能力!!」
戦場ヶ原「メディア関連では『とある魔術の禁書目録』の外伝作品、『とある科学の超電磁砲』の主人公を務めているわ」
C.C.「他にも『このライトノベルがすごい!』において2010年度、そして2011年度の2年連続で、人気女性キャラクター部門で1位に輝いている」
戦場ヶ原「担当編集の三木さんには『電撃文庫のヒロイン』と呼ばれているわ」
美琴「え、えへへ」ニヤニヤ
C.C.「だが原作本編においては、今のところ空気だな」
戦場ヶ原「20巻~22巻のロシア編では、ファンに『行間ヒロイン』って呼ばれてたのよね?」
美琴「なめとんのかゴラァ!!!」
上条「ちょっ!だから御坂さん落ち着いて!!」
美琴「これが落ち着いていられるかーっ!!!」ビリビリドッカーン!!
上条「ぎゃーっ!!不幸だーーーーっ!!!」そげぶーっ!!
C.C.「まあ新約2巻を見た限り、新約3巻からは期待できそうだがな」


401 :名無しさんなんだじぇ:2011/10/02(日) 23:38:36 ID:z7CSx1P.
戦場ヶ原「ところで、お気に入りのマスコットキャラクターは『ゲコ太』ってあるけど…」
美琴「えっ?うん…かわいいでしょ?」
C&戦「「理解できない」」
美琴「ちょっ!何でよ!?」
戦場ヶ原「何でって…説明する必要があるの?」
C.C.「まあ趣味嗜好は人それぞれだから、これ以上は言うまい」
美琴「どういう意味よ!?」
戦場ヶ原「そういえばこれを見て思い出したけど、阿良々木君にこの『ゲコ太』のストラップが支給されてたわね」
美琴「マジで!?」
C.C.「そういえば3つ目の支給品でそれが出てきたときに、『…………不幸だ――――っ!!』と叫んでいたな」
戦場ヶ原「その前の2つの支給品がギターとペンギンのぬいぐるみだったからね…でもはずれ支給品とか言っときながら、それで女の子とフラグを立ててるんだから、いい気なものよね」
C.C.「そういった意味では当たりと言えなくもないな。…ということは、未だにフラグ構築にも貢献していないそのストラップは、唯一のはずれということになるのか?」
美琴「ちょっと!『ゲコ太』がはずれってどういう意味よっ!!」
上条「いや御坂、そこは怒るところじゃない」
戦場ヶ原「っていうか阿良々木君、そのストラップまだ持ってるのかしら?」
美琴「えっ?」
C.C.「そういえば途中から持ち物覧から名前が消えているな」
上条「具体的にはえ~と…『徒物語~ももこファントム~』からだな。『適当に回収したため何が残っているかは不明』ってなってる」
美琴「それ第2回放送前の話じゃない!」
戦場ヶ原「その後しばらくその状態が続いて、『アラガミShort Story』で『土蔵で集めた品多数』ってなってるわね」
美琴「えっと…じゃあ『ゲコ太』のストラップはどうなったの…?」
C.C.「ひょっとして『政庁』に落としたままだったんじゃないか?」
美琴「えっ…ってことは…?」
戦場ヶ原「その後の『HERO SAGA』で『政庁』は吹っ飛んだからね…」
C.C.「仮にその時一緒に吹っ飛んだなら、もうここに来てる可能性m」
美琴「ゲコ太~~~~~!!!!!」バンッ
上条「っておい御坂!…出て行っちまったな…」
戦場ヶ原「ストラップを探しに行ったのね…来ている保障などないのに…」
C.C.「案外まだ阿良々木が持っていて、今後の話で重要なキーアイテムになる可能性もあるのにな…」
上条「おいやめろ。書き手に妙なプレッシャーを与えるような発言をするな」


402 :名無しさんなんだじぇ:2011/10/02(日) 23:38:59 ID:z7CSx1P.
戦場ヶ原「本人もいなくなっちゃたし、今回の雑談は終了ね」
C.C.「初の4人での雑談だったが、どうだっただろうか?」
上条「いや何か余計に疲れたような気が…」
戦場ヶ原「まあ直接攻撃されたらね…」
C.C.「その分私達は言葉だけだからまだましだろう?」
上条「そんなことはねーよ!!!言葉は時に拳や刃物よりも人を傷つけることがあるんだぞ!!!」
戦場ヶ原「まあ、一理あるわね…」
C.C.「とりあえず今回のオチに行くとするか…」
上条「な、何だ?今度は何を言う気だ…?」




C&戦「「『とある魔術の禁書目録』映画化決定おめでとう!!」」




上条「えっ?あ、うん、ありがとう…ってこのタイミングでそれ言うの!?」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。