4:372~381


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

372 :名無しさんなんだじぇ:2011/09/29(木) 20:55:52 ID:ZRxKvZfY
C.C.「雑談をするぞ」
上条「へっ?また?」
C.C.「暇なのだから仕方あるまい」
上条「いやだからそんなに暇ならさっさと看板を下ろしt」
戦場ヶ原「それはできないと昨日も言ったはずよ。『死者スレ用語解説』に載るまでは続けてみせるわ」
上条「まだ言ってんのかよ!?…いやでもさ~、俺達3人がここでじっとしてたら、他に死者スレに書き込みたい人達が俺達を登場させられないじゃないか」
戦場ヶ原「その心配は無用よ上条君」
上条「えっ?どういう意m…まさかまた『どうせ書き込みをするほどこのスレには人が残っていないわよ』とか言うつもりじゃないだろうな?」
C.C.「いや、そういう意味ではないぞ」
上条「ん?じゃあどういう意味だよ?」
C.C.「仮に死者スレにSSを書き込もうとする者がいたとしても…」
戦場ヶ原「どうせ私達二人に、出番なんてないわよ…」
上条「……はい?」
C.C.「お人好しで馬鹿でイジリがいがある上条と違い、毒舌キャラである私達は、非常に扱い難いようなのだ…」
戦場ヶ原「本編でも空気と呼ばれたけれど、まさか死んでからも空気なんて…本編での登場話数は大して変わらないのに、第5回人気投票死亡キャラ部門で1位に輝いて書き手から読み手にまでちやほやされてるフラグ体質でラッキースケベな上条君とは大違いだわ…」
上条「今俺に毒を吐く必要あったか!?ただのひがみじゃねーか!!」
C.C.「ああそうだひがみだ、それぐらい言わないとやってられないんだ」
戦場ヶ原「だから今上条君をす巻き車にして拘束してるのも、ほんのささやかないやがらせよ」
上条「いや俺そんな愉快な状態になってな…っていつの間にかなってるーーー!!!?」
C.C.「何でそんなバカみたいな状態なっていて気付かないんだ?昨日の書き込みからずっとそうだったじゃないか」
上条「俺す巻き状態であれだけのツッコミやってたの!?つーか早くほどけ!!」


373 :名無しさんなんだじぇ:2011/09/29(木) 20:56:19 ID:ZRxKvZfY
C.C.「まあ、昨日予定されていた本編投下も延期になってしまったし、読み手の者達も退屈していることだろう」
戦場ヶ原「私達の雑談が、多少なりとも暇つぶしに貢献できればいいのだけれど…」
上条「いやそれはどうなんだ~?あんな雑談を読んで面白いと思った奴なんていんのかな~?」←解放されました
C.C.「知っているか?私達の独自の情報網によると、漫画は10人中8人が面白くないと思っていても、残りの2人が面白いと思っていれば、人気漫画になれるんだ」
戦場ヶ原「つまりSSも似たようなもので、全体の2割くらいが面白いと思っていれば、それでいいってことよ」
上条「いや漫画とSSは全然違うだろう!それと独自の情報網ってそれ完全に『バ○マン。』じゃねーか!!」
戦場ヶ原「な、何故知っているの!?」
C.C.「まさかこんな身近に他にも読んでいる者がいたというのか!?」
上条「いや『バ○マン。』って『週刊少年ジャ○プ』に連載中で原作・作画は映画が大ヒットした『D○ATH NO○E』のコンビってことでも話題になったし、単行本の累計発行部数ももう1000万部突破してて、もうすぐアニメの2期も始まる超人気漫画だぞ!!たくさんの人が読んどるわ!!!」
C&戦「「説明台詞乙」」
上条「やかましいわ!!!」
戦場ヶ原「さすがに主人公と中の人が一緒だと、持ってる情報も豊富ね」
上条「何の話!?」
C.C.「そうか…そういえばアニメ2期がもうすぐ始まるのだったな…」
戦場ヶ原「2期は1期より期待できるわね。平○さんが本格的に登場するから」
上条「おいそれ伏字になってねーぞ!!」


374 :名無しさんなんだじぇ:2011/09/29(木) 20:57:01 ID:ZRxKvZfY
C.C.「アニメといえば、『カイジ』2期も地域によってはもう最終回を迎えたようだな」
上条「いやそれ本人交えて話した方がいいんじゃねーの?」
C.C.「無理だな。これを書いている者が、未だにカイジのキャラが掴み切れんと言っている」
戦場ヶ原「まあほとんどの人がそうだったから『カイジ勢、圧倒的全滅……!』なんてことになったんだけどね」
上条「いやそんなこと言っていいの!?」
C.C.「大丈夫だろう、wikiでも書かれてることだし」
戦場ヶ原「ペリカ制度は面白かったけどね」
C.C.「アニメの次は実写映画に期待するとしよう」
戦場ヶ原「そういえば『Fate/Zero』のアニメももうすぐだったわね」
上条「だからそれも本人交えなくていいの!?」
C.C.「無理だな。これを書いている者が、セイバーのキャラはアニメしか知らんと言っている」
戦場ヶ原「原作を知らないまま書いたら、原作厨の人に笑われるかもしれないしね」
C.C.「だから『Fate/Zero』に関しても『Fate/stay night』より10年前の話ということ以外は何も知らん。それ故に宣伝もできん。まあ本人による宣伝ネタは、書きたい奴が書けばいいだろう」
上条「そこで丸投げすんの!?」


375 :名無しさんなんだじぇ:2011/09/29(木) 20:57:40 ID:ZRxKvZfY
C.C.「というわけで今日の雑談のテーマだが…」
上条「えっ?今までの雑談じゃねーの?」
C.C.「ああ、単なる寄り道だ」
上条「いやここまで既に3レスも使ってんのにまだ本題入ってなかったのかよ!?」
C.C.「何を言っている。お前がそういう余計なツッコミを入れるから話がどんどん逸れていくんじゃないか」
戦場ヶ原「昨日の雑談だってそうだったじゃない。上条君のツッコミがなかったら、もっとスムーズに話が進んでいたのに…」
上条「いやツッコまなかったら俺名前がキャミソールで能力は『暇人殺し』の変な人になってたじゃん!!」
戦場ヶ原「何を言っているの?あなたは元から変じゃない」
上条「どこが!?」
戦場ヶ原「まあ色々あるけど…」
C.C.「やはり一番変なのは…」
上条「な、何だよ…?」


C&戦「「そのウニ頭」」


上条「人の唯一のファッションポイントを侮辱するな!!!」


376 :名無しさんなんだじぇ:2011/09/29(木) 20:58:06 ID:ZRxKvZfY
C.C.「全く…結局本題が5レス目になってしまったではないか…」
上条「俺が悪いの!?」
C.C.「仕方ないのでここからは巻で行く。今日の雑談のテーマは…」
上条「ゴクッ…」


C.C.「『一方通行の口調について』だ」


上条「」
戦場ヶ原「ああ、あの書き手泣かせのめんどくさい口調ね」
C.C.「ああ、このロワでも開始当初から口調を間違えたまま投下された話も多かった。今でもwikiに残っている多くの話が間違ったままだ」
戦場ヶ原「まあ、今更全部修正するのも面倒な話だしね」
C.C.「ここだけの話、これを書いている者はそれらの間違いを見つける度にカチンときていたらしい」
戦場ヶ原「まあこれを書いている人禁書厨だし、しょうがないわね」
C.C.「だがアニメしか知らない者にとっては酷な話だし、仕方ないかとあきらめ、怒りを抑えていたようだ」
戦場ヶ原「アニメじゃあの口調は分からないしね」
C.C.「だがしかし、これからの全てのパロロワを支える書き手の者達が間違った覚え方のままでいいのかと思い直し、ここで改めてレクチャーしようと思い立ったわけだ!」
戦場ヶ原「一方通行の参戦ロワはアニロワ3rdだけとは限らないものね!!」
C.C.「というわけで今日は一方通行の正しい口調を、書き手の者達に完璧にマスターしてもらうぞ!!」


上条「散々ひっぱといて何なンですかそのテーマはァァァァァァ!!!!!!!」


戦場ヶ原「ちょっと上条君、何であなたが一方口調になってるのよ。あなたは『暗闇の五月計画』の被験者じゃないでしょ」
上条「うるせェ!その場のノリでやっちまったンだ!!つゥかまた原作ネタを出しやがったな!!!」
C.C.「というかお前がボケたらさすがに話が進まん。早く元に戻れ」
上条「だァれがボケてるっつゥンだ!!!??」


C&戦「「お前以外に誰がいンだよこの三下がァァァァァァァ!!!!!!!」」


上条「あっ…はい……すみませんでした………」


377 :名無しさんなんだじぇ:2011/09/29(木) 20:58:29 ID:ZRxKvZfY
C.C.「という訳でまずは基本的なことから…口調は乱暴・粗暴で、テンションが上がると下ネタ的な発言も飛び出してしまう、結構下品な感じだ」
戦場ヶ原「ここまではアニメだけでも分かることよね」
C.C.「問題は次だ。一方通行は特定の文字を、本来平仮名表記にすべきところを、わざわざ片仮名表記にしてしゃべったりしているのだ」
戦場ヶ原「岡本さんの演技は素晴らしかったけど、さすがにそこまで表現するのは難しかった様ね」
C.C.「そして肝心の片仮名表記にする文字はこれだ」

「ん」→「ン」「ぁ・ぃ・ぅ・ぇ・ぉ」→「ァ・ィ・ゥ・ェ・ォ」

C.C.「変換忘れも多いが、特に多いのが余計な文字まで片仮名表記にしてしまう間違いだ」
戦場ヶ原「『一方通行は小文字を片仮名にする』って勘違いが特に多いわね。片仮名にするのは小母音(ァ・ィ・ゥ・ェ・ォ)だけなのに、『っ』や『ゃ・ゅ・ょ』まで片仮名にしてる人も多かったわ」
C.C.「一方通行の有名な名台詞『木ィィィ原くゥゥゥゥゥゥゥゥン!!』も『く』を片仮名にしてしまっている間違いが多い。まあこれはアニロワ3rdとは関係ない話だがな」
戦場ヶ原「一方通行の台詞を書くときは、書いた後に変換し忘れがないか、余計な文字まで変換していないか、一通りチェックすることをお勧めするわ」


378 :名無しさんなんだじぇ:2011/09/29(木) 20:58:49 ID:ZRxKvZfY
C.C.「これでレクチャーは終了だ。参考になっただろうか?」
上条「………」
戦場ヶ原「あら、どうしたの上条君?さっきから随分静かね」
上条「いや…どこかで絶対にボケを挟んでくると思って身構えてたのに、意外に真面目な解説だったもんで…」
戦場ヶ原「失礼ね、玉を握りつぶすわよ」
上条「いぃ!?」
戦場ヶ原「何で股間を押さえて後ずさっているの?」
上条「い、いやだって…」
戦場ヶ原「何を勘違いしているの童貞の上条君。私が言ってるのは目玉のことよ」
上条「童貞言うな!!!…ああ何だそっちか…ってどっちにしろ怖ーよ!!!」
C.C.「まあ本当は原作を読むのが一番勉強になるのだがな」
戦場ヶ原「そうね、一応お勧めの原作も紹介しておきましょうか?」
上条「えっ?」
C.C.「やはり一番のお勧めは15巻だな。禁書原作の中でも一、二を争う面白さだ」
戦場ヶ原「ストーリーもロワ好きの人が喜ぶようなシチュエーションで展開されるわよね」
C.C.「目印はモノクロトーンの背景の中心に立つ一方通行だ。モノクロな表紙の中で彼の真っ赤な目がひときわ目立っているぞ」
戦場ヶ原「何よりキャッチコピーが最高よね」
上条「あれ?」


C&戦「「『この物語に、幻想殺しの少年は 登場しない――――。』!」」


上条「それじゃあ俺が登場しないから面白いみたいに聞こえるじゃねーか!!!」


381 :名無しさんなんだじぇ:2011/09/30(金) 12:41:32 ID:I7KFPG56
戦場ヶ原「それにしても、わざわざ特定の文字を片仮名にして喋るだなんて、迷惑ね」
C.C.「原作を読まないと全く分からないからな」
戦場ヶ原「これだから、小説原作のキャラクターをアニロワに出すのは嫌なのよ」
C.C.「お前もそうだろう」
戦場ヶ原「私はいいの。そんな誤変換を誘発するような喋り方はしていないし、アニメに登場する台詞は、一言一句原作通りなのだから」
上条「まあ、正論・・・・・・なのか?」
戦場ヶ原「だから、アニメ化される小説の原作などは、最初から読まなければいいのよ。そうすれば、片仮名書きかどうかなんて分からないから」
上条「暴論キター」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。