4:322


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

322 :名無しさんなんだじぇ:2011/03/14(月) 18:00:27 ID:AH51c8bA
律「はぁ……」
唯「…やっぱりりっちゃん元気ないよ。どうしたの?」
律「へ?い、いや、私はべつに…」
唯「…」ジーッ
律「……はぁ…、しゃあねーな…」ポリポリ
唯「で、何があったの?」
律「…節分大会、あったろ?」
唯「あー…あの大会以来キャスターさんの笑顔が軽いトラウマだよ」
律「キャスターさん……。いや、あれでムギと戦うことになって、それからもうめちゃくちゃだっただろ?」
唯「数日に渡る激闘の末、結局決着つかずだったもんね」
律「調子乗って突っ込んで来た兵藤さんのガトリング砲も巻き込んで大爆発するし……」
唯「あとには瓦礫と大豆の山しか残らなかったね」
律「……で、後片付けと治療が終わって気付いたら、バレンタインが終わってた…」
唯「うん」
律「私…キャスターさんに何もできてないんだ……」
唯「あちゃー…だから落ち込んでたんだ」
律「どうしよ…まだ謝れてないし…キャスターさん、怒ってるかな…」
唯「そんなことないんじゃないかな?きっといつもみたいに…」
キャスター「律ちゃあああああん!!」
唯「…てホントに来ちゃったね」
キャスター「あら、唯ちゃん」ニコッ
唯「ひっ」ビクッ
律(マジでトラウマになってるし…)
律「あ、あのっキャスターさん私……」
キャスター「そうそう律ちゃん!今日はホワイトデーだからプレゼントあげるわね」
律「…へ?で、でも私バレンタインデーに何も……」
キャスター「何言ってるの。チョコより甘い律ちゃんとの一時、しっかり堪能させてもらったわよ?」
唯「いつものことだけどね~」
律「おい」
唯(っていうか後片付けでバタバタしてたわりにはしっかりそういうことしてたんだね…)
キャスター「だからお返しは、チョコより甘い私との一時ね!」ガバッ
律「それって結局いつもと変わらないアッー」
唯「毎日がスペシャルだね」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。