4:216、219、220


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

216 :名無しさんなんだじぇ:2010/12/17(金) 16:20:32 ID:JC4IglJY
~~死者スレ食堂~~

ゴホッ ゴホッ ゴホッ !!

プリシラ「ゆみちゃん、大丈夫?」
かじゅ(マスク装備)「ああ、ちょっと咳き込むだけだ、それ以外は大丈bゴホッ ゴホッ!」
アチャ「ほら、しょうが湯だ。これを飲めば少しは落ち着くだろう」
かじゅ「ゴホッ ゴホッ あ、ありがとう」ゴクゴク
美琴「なんか最近風邪が流行っているよね」
プリシラ「そうだね、律ちゃんや梓ちゃんも熱出して寝込んじゃったって私聞いたよ」
アチャ「全く…まあ、数日も安静にして栄養を摂れば治るだろう」
美琴「そうねぇ、クリスマスまでに元気になっていればいいけど」


~~死者スレ某所・梓の部屋~~

唯「うわぁー、38度もあるよー。あずにゃん大丈夫?」
梓「うう~、ダメです。体が怠くて頭が重いです」
唯「ほら、水枕だよあずにゃん。しばらく横になれば気が楽になるよ」
梓「ありがとうございます。ふぅーー、とっても気持ちいいです」
唯「でもしっかり者のあずにゃんが風邪を引くとは思わなかったよ」
梓「うう~、不覚です。先輩と一緒に予防していたのに、なんで先輩は平気なんですか?」
唯「う~~~ん………日頃の行いがいいからかな?」
梓(…やっぱり迷信が当たっている気がします)
唯「とにかく、ここは先輩の私に任せてあずにゃんはゆっくりしなさいな」
梓「はぁ、(ちょっと心配だけど)お任せします」
唯「よ~し、じゃあ今から料理を作ってくるからちょっと待っててねー」





ガラガラドッシャーーーンンン!!!

梓「…やっぱり心配で安らげないです」


~~死者スレ某所・律の部屋~~

キャス「りっちゃん、はい、あーん」
律「…キャスターさん、食事ぐらい自分でできますけど?」
キャス「ほらほら、病人はつべこべ言わずに、あ~ん♪」
律「(まあ、言っても聞かないよな)あーん」パク
(食後)
律「ごちそうさまでした。いやー、キャスターさんのお粥は本当に美味しかったです」
キャス「当然よ、りっちゃんの為に腕を振るったんだから」エッヘン!
律「あ、そういえば。キャスターさん、私の風邪薬知りませんか?」
キャス「それなら心配ないわ。これがあるわよ」
律「…それ、明らかに飲み薬じゃないですよね」
キャス「うん、座薬よ☆」
律「座薬って幼児用って聞いたことがありますけど?」
キャス「大丈夫よ、大人用の座薬だから」
律「穏やかな流れだと思っていたら結局これかアァッーーーーー!」


※座薬についてはちゃんとした確認はとっていない。が問題ない、なんせったってここは死者スレだから!


219 :名無しさんなんだじぇ:2010/12/19(日) 16:40:04 ID:uulQFxuc
馬イク「よし、皆に忘れられている内に逃げるか」


220 :名無しさんなんだじぇ:2010/12/19(日) 21:43:00 ID:Nm7QrdmQ
士郎「え~っと、風邪薬とマスクをそろえて、料理の下拵え…。汗で汚れた服の洗濯もそろそろ終わる頃か。雨も降ってるし、部屋干しかなぁ。風邪がこれ以上流行ると大変だな…」
黒子「…ハァ、誰に頼まれたわけではないというのに、世話好きといいますか、相変わらずのお人好しぶりですわね。」
士郎「別に、これくらい普通だろ。じゃあ洗濯物を干してくるから。」
黒子「あ…っ、…行ってしまいましたわね。もうそろそろクリスマスだというのに。士郎さん、イブに何か予定はあるのでしょうか…」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。