3:821、826、827、832


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

821 :名無しさんなんだじぇ:2010/09/18(土) 21:04:03 ID:SKUcI4sE
あずにゃん「律先輩、唯先輩とムギ先輩を呼んでくるって言ってたけど遅いなあ……仕方ない、呼びにいこ」

~~ムギの私室~~
ガガガガガガガ
ドタドタ
あずにゃん「なんか中が騒がしい……」
コンコン
あずにゃん「ムギせんぱーい、入りますよー!」
ガチャ
あずにゃん「……(中を見渡している)」
律「あ、梓……」
ムギ「梓ちゃん……」
唯「……」
あずにゃん「何、この光景?」
唯「あずにゃーん!」抱きっ
あずにゃん「ゆ、唯先輩!?」
唯「せ、世界ってすっごく広いんだね!」

あずにゃん「意味がわかりません!」
ムギ「この状況は……」
律「どうなるだろうなあ……」
アーニャ「おもしろいかも」
キャスター「ほほえましいわねえ」
神原「(気絶中)」


826 :名無しさんなんだじぇ:2010/09/19(日) 08:07:31 ID:yvG0fyXQ
唯「でもあずにゃんにいきなりするってちょっと不安だよ」
あずにゃん「…なに言ってるんですか、唯先輩」
キャスター「そうねぇ、最初は経験者にリードしてもらったほうがいいかも」
律「ちょっとキャスターさん?!」

マリアンヌ「経験者ねぇ…」
ムギ「いらしたんですか、あなた」
マリアンヌ「だったら福路さんなんてどうかしら、平沢さん。現世での縁もあるし、お願いしやすいんじゃない?」
唯「みほみほ?でもお邪魔じゃないかなぁ…」
マリアンヌ「大丈夫よ、福路さんなら快く受けてくれるわ」
唯「それじゃあ…」
律「待て、唯!お前まで行くな!」
唯「りっちゃん、ゴメンね。でも私決めたんだ。HTTの皆を守るって!」ダッ

アーニャ「理解不能…」
あずにゃん「あの…唯先輩、どうしたんですか?」
律「梓!唯を止めるぞ!あのままじゃダメだ!」

グイッ

律「ムギ!なにをする!?」
ムギ「りっちゃん?もうああなった唯ちゃんは止められないわ。分かってるでしょ?」
律「それでも!それでもあたしはあたしのHTTにそのままでいて欲しいんだよ!(ゴシュッ)ウグッ?!」

バタッ

マリアンヌ「田井中さんはしばらく落ち着いたほうがいいわよねぇ。ねぇみなさんもそう思うでしょ?」
キャスター「なにを考えているのです?確かにりっちゃんは冷静さを失ってはいたけど、そこまでして止めるようなことかしら?」
マリアンヌ「別にぃ?私はその時その場所その目的にあった最適な手段に出ただけよ?」
マリアンヌ(さぁて、これでアーニャの恋敵がどうなるかしら☆)


832 :名無しさんなんだじぇ:2010/09/19(日) 14:46:33 ID:LT3Nt0CI
律「くっ…体が…上手く…動かない…」
マリアンヌ「安心なさい、ちゃんと強弱付けて殴ったから。ちょっと脳震盪を起こしただけよ」
アーニャ「マリアンヌ様すごい」
キャスター「さすが元騎士、閃光の名は伊達じゃないわね」
ムギ「ごめんねりっちゃん、でも私達は決意した唯ちゃんのお手伝いをしたいの、だから暫く大人しくしていてね」

あずにゃん「あ、あの、話が全然見えないのですが」
律「梓…唯を止めてくれ!…あのまま行かせると、唯が誤った道に進んでしまう!」
あずにゃん「…どういうことですか」
律「唯はな、お前が発情した時に自らその捌け口になろうとしているんだ…」
あずにゃん「え、唯、先輩が…」
律「でもそれは違う!あたしとキャスターさんは互いに望んでいるからいいんだ!
  だけど、今の唯は無理して自分を見失っているだけなんだ!だから、唯にはあたしのように道を踏み外してほしくないんだ!
  軽音部の最後の良心でいてほしいんだ!それに梓、お前だってそれを望んでいないだろ!」
あずにゃん「…はい、そうです。私は、そんな事を望んでいません。唯先輩は唯先輩のままでいてほしいです!」
律「だから梓、お前が唯を止めてくれ!そしてあいつの目を覚ましてくれ!!」
あずにゃん「はい!わかりました!」

タッタッタッタッ………

律「後は…任せたぞ」ガクッ
キャスター「…いいの、行かせちゃって」
マリアンヌ「いいわ、あんな青春ドラマを見せられたら、彼女を妨害しようだなんて思わないわ」
ムギ「結果は彼女達に任せましょう。さあアーニャちゃん、残りの編集を再開しましょう」
アーニャ「…了解」


827 :名無しさんなんだじぇ:2010/09/19(日) 09:27:34 ID:8w1NLV2c
梓「ちょっと待って下さい!唯先輩!」
唯「離してよ、あずにゃん。すぐに私も(自主規制)ができるようになって――」

バシン

唯「え、あず、にゃん……」
梓「唯先輩、私そんなこと望んでいません」
唯「でも、あずにゃん時々エッチになるし、そういう時は私が発散させなきゃ」
梓「そんなの本当の私じゃありません!」
唯「え、だって、お酒は人を開放的にさせるって言うから、あれはあずにゃんの隠れた本心――」

梓「違います!あれは私の歪んだ願いです!本当の私はあんなこと望んでなんかいません!」

唯「あずにゃん……」
梓「確かに唯先輩に対して良からぬ感情を抱いたことはありました。だけどそれは私が弱かったからです」
唯「え、やっぱり私と(自主規制)したいんじゃ」

バシッバシッ

梓「なに言っているんですか!?誰も彼もが(自主規制)を求めているわけじゃありませんよ。調子に乗らないでください!」
唯「…………」
梓「私は……私は、そのままの唯先輩が良いんです。そのままの唯先輩でいてください!」
唯「あずにゃん、そこまで私のことを思って……ありがとう」
梓「ゆいせんぱあああああいいいいいい」
唯「あずにゃん」
梓「唯先輩!唯先輩!唯先輩!!!!!」
唯(あずにゃん、分かったよ。私は今のままで、そのままの私で、これからもあり続けるよ)



刹那「ん、今どこかで歪みがどうのこうのって話がッ――」
久「はーい、映画上映中だからって張り切らないの」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。