3:814~818


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

814 :名無しさんなんだじぇ:2010/09/18(土) 00:17:03 ID:zaz2KzQ.
キャスター「とりあえず、ここには映像資料が揃っているから、まずそれを見て考えてみたら?」
唯「あ、ここって」

~~ムギの部屋~~
コンコン
キャスター「ムギちゃん、いる?」
ガチャ
ムギ「はーい、キャスターさん、いらっしゃい。それに、唯ちゃん?」
唯「やっほー」
アーニャ「珍しい組み合わせ」
神原「本当だな。どちらかと田井中さんだったらわかるが」
キャスター「あら、あなた逹も来ていたのね」
ムギ「はい。今まで、編集作業を手伝って、もらっていたんです」
アーニャ「ちょうどさっき終わったところ」
キャスター「まあ、それはラッキー」
神原「ところで、どうしてキャスターさんと平沢さんが? もしやキャスターさん、田井中さんに続いて平沢さんも落としたというのか!?」
唯「え、ち、違うよ~」
キャスター「ちょっとね。丁度良かったわ、それをこの子に見せてあげてくれないかしら?」
ムギ&神原&アーニャ「「「え?」」」

ムギ「唯ちゃんも、興味あるの?」ズイ
神原「なんと! それでは平沢さんはタチとネコ、どちらなのだ?」ズズイ
唯「え、な、なんのこと言ってるのかわかんないよぉ。多分、私はどっちでもないと思うけど?」
神原「ほう、ではリバなのだな」
ムギ「そうなの? 唯ちゃん」
キャスター「待って待って、ちょっと落ち着きなさいな」
アーニャ「話、急ぎ過ぎ」ムギ「う、うん、そうね。お茶淹れるわ。アーニャちゃんは、ともかく再生の準備おねがいね」
アーニャ「了解」

アーニャ「それじゃあ、再生」

律『キャスターさーん、早くぅ』
唯(わ、いきなり裸のりっちゃんだ)
キャスター『ふふっ、りっちゃんったら』

ムギ「ふふっ、りっちゃんったら」
アーニャ「この時の律、積極的」
キャスター「最近は、りっちゃんから誘ってくれることも増えて、嬉しい限りだわ」
アーニャ「でも、受け」
神原「BLでいう誘い受けだな」

~~数十分後~~


唯「…………」ジー
キャスター「あ、この時って、こうなっていたのね」

キャスター『りっちゃんは、ここがいいのよね』
律『ああんっ、そこはぁ』

神原「平沢さん、食い入るように見ているな」
ムギ「うん」
アーニャ「興味津々?」


816 :名無しさんなんだじぇ:2010/09/18(土) 12:21:18 ID:60HQ1O2Q
律「……何だろう、猛烈に嫌ーな予感が……」
あずにゃん「奇遇ですね、私もです」


817 :名無しさんなんだじぇ:2010/09/18(土) 13:37:21 ID:eyPElIvI
律(何だろうなぁこの胸のざわめきは…)
律「ムギー新曲のことなんだけどさー」ガチャ


律『あっ…はぁ……!』
神原「今の表情は素晴らしい。非常にそそられる。巻き戻ししても構わないか?」
ムギ「確かに良かったけど、今は唯ちゃんの勉強中だから我慢ね」
唯「…」ガン見中
律「」


律「何やってんだお前らああああぁ!!」
キャスター「あら律ちゃん」
アーニャ「ユイの勉強中」
律「勉強ってなんだ!?変なこと唯にすりこむなよ!おい唯、しっかりしろぉ!」ガクガク
唯「わぁ、りっちゃんだぁ」クラクラ
律(ダメだ、一気に未知の世界を体験して脳内がショートしてる…)
律「なんでこんなことを…」
ムギ「かくかくしかじか」
律「唯……そ、それはダメだ!私みたいに自分を見失っちゃうぞ!」
唯「自分を…?」
神原「どうだ平沢さん。ここは一つ律さんで実演してみては?彼女は感度が良いからわかりやす…」

ズガガガガガガ

神原「」プシュー
律「な?私はもうこんなことも平気なんだ。ムギも、揚げ句の果てには梓まで変わっちまった…。唯、お前が私達軽音部の最後の良心なんだ!」
唯「最後の…」
キャスター「あら…律ちゃん、私との行為、そんなにイヤだったの?」ウルウル
律「い、いや!そんなことないですよ!?なんだかんだ言って今の現状楽しいのも事実ですし…」アセアセ
キャスター「まぁ!嬉しいこと言うじゃない!さすが私の律ちゃん♪」ガバッ
律「ちくしょう結局こうなるのかよアッー」


818 :名無しさんなんだじぇ:2010/09/18(土) 17:22:31 ID:HW30JdsU
神原「そうだ、平沢さんもこっちの道に来ればHTT(放課後ティータイム)もはれてHTT(変態ティ(ry

ズガガガガガガ

神原「」プシュー
律「くそ、油断も隙もあったもんじゃない」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。