3:667~669


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

667 :名無しさんなんだじぇ:2010/09/06(月) 01:08:28 ID:dz9QqN4g
~~控室前~~


セイバー「シロウ!! 私です、セイバーです!! 開けて下さい!!」
池田ァ「だからまだ仮投下だし!! 我慢するんだし!!」
セイバー「ええい、邪魔するな!! 約束された勝利の剣!!!」
池田ァ「にぎゃああああああァーッ!!!」
アーチャー「くっ、やはり池田では止められんか! 上条、食い止めろ!」
上条「って、盾にするな!! 不幸だぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」


美穂子「華菜、しっかりして!!」
池田ァ「うう……きゃぷて……」
部長「あーあ、近年稀に見る暴走っぷりね。 仕方ない、私も止めに行きましょうか」
美穂子「そんな、危険です!!」
部長「大丈夫よ。 じゃあ、池田さんは任せたわよ」


小萌「最終防衛ライン、突破されますぅ!!」
とーか「対魔術防壁はどうしましたの!?」
小萌「上条ちゃんなら、マヂ切れした御坂ちゃんがアーチャーさんを超電磁砲で吹き飛ばして連れていっちゃいましたですぅ!!」
とーか「ええい、このままでは……!」

オーナー「やれやれですね。 平和ボケが脳にまで進行しましたか?」

とーか「貴女は……琴吹さん!? まさか、また共闘ですの!?」
オーナー「役立たずの風紀委員の手など借りたところで、足手まといなだけです。 後は私達に任せて貰います。 ガンダムバカ、ゴースト、ホチキス、みっちー、ホンダムモンキー、ふなちゃん。 特攻野郎Sチーム、ミッション開始お願いします!」
特攻野郎一同『『『『『『『サー、イエッサー!!!』』』』』』』


【控室前 阿鼻叫喚確認】


~~控室~~


士郎「……なあ、外が妙に騒がしいんだけどさ……」
レイ「黙って修理しろ。 カギ爪、今度こそ貴様を八つ裂きにしてやろう」
男A「君も相変わらずですねえ。 大体、「戦場の絆」の筐体が故障したのも君が勝手に改造したからでしょうに」
レイ「黙れ。 おい、まだ修理出来ないのか」
士郎「ああ、もう少し待ってくれ。 それにしても、本当に騒がしいな。 戦闘音みたいなのまで聞こえるし……」


668 :名無しさんなんだじぇ:2010/09/06(月) 05:53:05 ID:ml5UYOSY
部長(とはいうものの、今の私って乙女の細腕なのよねぇ…。←注:勘違いしたままです
   ただの人間に、アレを止められるかしら…ま、頑張るしかないわよね)
???「水臭いぞ!竹井久!」
部長「あ、貴方達はっ?!」


池田「キャプテン…」
美穂子「華菜!喋っちゃダメ!今アーニャさんを呼ぶから!」
池田「死ぬのは慣れっこです…だから…キャプテンのやりたいように、してください…」ガクッ
美穂子「華菜!?華菜!…」
かじゅ「大丈夫、死んだだけだ。正直、この死者スレでは死より重傷の方が痛みが長引く分厄介だからな」

美穂子「…加治木さん、華菜を頼みます」
かじゅ「行くのか?久が怒るぞ。それに泥ばかりか聖杯の力も上条に破壊されただろう?」
美穂子「今の私はただの足手まといかもしれない。でも、あの人だけを行かせたくは、ないんです」


部長「まさか、貴方達が力を貸してくれるなんて…ありがとう」
海原「お世話になっているのに貸さないはずがないでしょう」
アーニャ「ディナーの約束がまだ履行されてない。それだけ」
小十郎「竹井殿に万が一の事があれば福路殿が哀しみます」
筆頭「まぁ俺はPartyが楽しめればそれでいいんだがよ。なぁ幸村」
幸村「左様!腕が鳴るでござる!」
ヴァン『うぉーい、なんでおれが来る羽目になってんだよ』
筆頭「少しは役に立ちやがれってことだよ、COWBOY!」

【竹井勢力、にわかに立ち上がり中】


669 :名無しさんなんだじぇ:2010/09/06(月) 09:31:13 ID:v6uhje1s
律「……久しぶりにセイバーが荒れてますね」
キャスター「まぁ、今回ばかりは仕方ないちゃ仕方ないかもしれないわ」
唯「でも、あのままじゃみんな危ないんじゃ…」
梓「こんなに離れてても瓦礫やらエクスカリバーやらが飛んできてますしね」
キャスター「そうね。ふぅ…面倒だけど同じサーヴァントだし、私も抑えるの手伝ってこようかしら」ザッ
律「あ、危ないですよキャスターさん!」
キャスター「大丈夫よ、律ちゃんのおかげで魔力も満タンだし」
律「キャスターさん……」

ガシャンッ

律「なら、私も行きます。真・豆鉄砲も本調子に戻りましたし」
キャスター「…無茶しちゃだめよ?」
律「キャスターさんこそ」
唯「りっちゃん…!」
律「唯、お前は…えっと…ガー太だっけ?あれで瓦礫砕いて梓守っとけ」
唯「でも……」
律「お前あれちゃんと制御できないだろ?私なら大丈夫だからさ。なんか暴れ龍とか言われてるし。ガオー、なんちって」
梓「律先輩…死なないでくださいね。池田さんみたいに」
律「変なこと言うなっての。……よし、いきましょう、キャスターさん」
キャスター「えぇ」


【キャス律 出陣】
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。