3:416、417


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

416 :名無しさんなんだじぇ:2010/08/22(日) 01:38:32 ID:pPrI7W8o
律「あふぅ…」
キャスター「一日がかりになるとは思わなかったけど…どうかしら?」
律「なんか、身体が熱いです…」

ムギ「キャスターさん!そろそろやめないとりっちゃんが…!」

律「アレ?なんか元気が出てきました。なんかしたんですか?」
キャスター「ほら、腸は栄養を吸収する部位でしょ?そこに直接体力回復用の霊薬を塗りまくったのよ」
律「あぁ、だからあんなに身体の中でもてあそんでたんですか…」
キャスター「あとはまぁ医療行為だけだとつまらないから、ちょっと気を入れちゃったけど」
律「…すっごく気持ち良かったです。癖になったらどうするんですか?」
キャスター「あら、新しい性癖身についてよかったじゃない」
律「もう、キャスターさんったら!」

アーニャ「神算鬼謀」
ムギ「なんていうか、本当に出鱈目ね…」
律「おー、ムギー!なんか復活したから今度の水泳大会出場させてもらうぞー」
ムギ「まぁ大人しくされてるより、よっぽどりっちゃんらしいわよね」


417 :名無しさんなんだじぇ:2010/08/22(日) 02:32:45 ID:Pf5hGUf6
真宵「松さん、松さん。今度の水泳大会に出るならウチのほうに入りませんか?」
律「そうだな……いいぜ、唯にムギ、梓がいるからな」
真宵「ありがとうございます」
律「なあに、気にすんな。ほいじゃあちょっと体を動かしてくるか。それじゃあな」
真宵「……ふふふ、これでひとつ私の策の駒が増えましたよ。しかも高いさんと同じくらい人間をやめている橘さん、と。これは「キィー!」と叫びながら地団駄を踏む効果さんに向かってm9(^д^)プギャーするのにも現実味を帯びてきましたよ」
ムギ「……なんというか手が早いわね」
真宵「そうでなければ、あなたの右腕は勤まらないのでは?」
ムギ「それもそうね。水泳大会での策にも期待してるわよ」
真宵「わかりました。では次の作業に……」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。