3:372


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

372 :名無しさんなんだじぇ:2010/08/03(火) 22:25:36 ID:zywGXxqU
~~ムギの私室~~
ムギ「……うっ……うん……ここは私の部屋?どうして……」
唯「もう食べられないよ~~……ムニャムニャ」
ムギ「唯ちゃん?」
あずにゃん「入りますよー」
ムギ「あら梓ちゃん」
あずにゃん「あっ、起きてたんですか」
唯「うーん……あっ、ムギちゃんおはよ~」ゴシゴシ
ムギ「私はどうしてここに?」
唯「刹那君がおぶって運んでくれたんだよ」
ムギ「ガンダムバカが……」
あずにゃん「それで唯先輩がムギちゃんのそばにいる~ってそのまま寝ちゃったんですよ」
唯「最近疲れててさ」
ムギ「そうなの?」
あずにゃん「ムギ先輩のこと、一番心配してたのは唯先輩ですからね」
ムギ「そう……心配かけてごめんね、唯ちゃん」
唯「ううん、大丈夫だよこれくらい」
ムギ「……ガンダムバカは?」
あずにゃん「どこかへ行っちゃいました」
ムギ「そう、彼とはまた改めて話をしなければわらないわね」
唯「あずにゃん、表情が暗いけどどうしたの?」
あずにゃん「それが……」
(数分後)
ムギ「なんの変哲もない」
唯「平凡な世界かぁ~」
あずにゃん「そう主催が……」
ムギ「でもわかる気がするわ。私たちのもといた世界は非常に平凡で平和な……」
唯「うん、ここの皆を見てると実感するよ」
あずにゃん「でも私たちは……」
三人「……」
あずにゃん「ご、ごめんなさい!」
唯「あずにゃん、気にしない気にしない」
ムギ「戻れない、戻れないからこそ私は……」
あずにゃん「ムギ先輩?」
ムギ「ごめん、独り言よ」
唯「ムギちゃん、無理だけはだめだよ」
ムギ「うん、これから皆にはできるだけ心配をかけないようにするわ」
唯「ほんとだよ~」
ムギ「大丈夫よ、さて食堂の仕事に……」
あずにゃん「そ、その前に!」
ムギ「どうしたの?」
あずにゃん「律先輩の誤解を解かないと、まだ無理してるはずですから……」
唯「そうだった!りっちゃんを捜さなきゃ。いこ、ムギちゃん」
ムギ「うん、わかったわ」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。