3:361


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

361 :名無しさんなんだじぇ:2010/07/27(火) 07:37:44 ID:xYinoR/.
~~刹那の隠れ家跡地~~

光秀「ヒャハハハハァーーー、愉しいですねェェェェェ!!」
レイ「その気に食わない笑い声、今すぐ止めてやろう」
ヴァン『だぁあああ、足元をチョロチョロすんじゃねえ! 踏み潰されたいのかよ!?」


律「ハア…ハア…あー気まずかった。 しばらく唯達とは顔を合わせ辛いなあ……ってうわあ!?」

ズゥン!!

ヴァン『てめえ、危ないだろうが!! 急に近づくんじゃねえ!!』
律「す、すいませーん!! ……あれ? 何か嫌な寒気が……」
光秀「ンフフフフフフ……やっとお目覚めですかぁ、律殿ぉ~?」
律「そ、ソノコエハみつひでサン?」ガタガタガタ
光秀「丁度退屈していた所なのですよ。 久々に見せて頂けますか? 貴女の苦痛と恐怖と絶望に歪んだ表情をねェェェェェェェェェェ!!!」
律「ひ、ひいいいいいいっ!!?」

ガキン!!

レイ「俺を無視するな」
律「レ、レイ!?」
レイ「さっさと何処へなりと行け。 刻まれたくなければな」
律「で、でも……!」
光秀「邪魔立てはさせませんよォォォォォ!!」
レイ「キャスターとかいう女が風紀委員本部に向かったそうだ。 行け」
律「ん……分かった。 えっと……」
レイ「早く行け!」
律「う、うん……その……ありがとう!」

レイ「……フン」
光秀「やれやれ、逃げられてしまいましたか。 こうなれば、貴方には即刻死んで頂く事にしましょう」
レイ「死ぬのはお前だ……雑魚が」
ヴァン「俺を無視すんじゃねえ! もう頭来た、お前らまとめてぶちのめす!!」

【光秀、レイ、ヴァン 三つ巴の戦闘開始】
【律 キャスターの元へ逃走開始】
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。