3:359、360


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

359 :名無しさんなんだじぇ:2010/07/27(火) 01:40:06 ID:S3P2/ogo
玄霧「危ない危ない…船井さんの近くにいるとろくなことになりませんね」
ガチャッ
キャスター「ハァ…ハァ…」
玄霧「おや?大丈夫ですか?顔色が優れませんが…」
キャスター「律ちゃんの無防備な姿が刺激的すぎて、ね…。ちょっと気持ちを落ち着かせてくるわ…」ヨロヨロ
玄霧「…あちこちでバタバタと…死屍累々といった感じですね」


律「……ん、うん…?」
律「おわっ!何だこれ!?毛布…?」
律「しかもどこだ…控室…?何でこんな所に…」
律「って、もうこんな時間!まさか私、寝ちゃってたのか!?」
律「マジかよ……こうしちゃいられない。早くドラム練習しなきゃ!」


【キャスター ダウン確認】
【律 ようやく起床】


360 :名無しさんなんだじぇ:2010/07/27(火) 02:05:04 ID:FvseZx1w
唯「とりあえず、ムギちゃんどこに運ぼっか?」
ガンダムバカ「私室はどうだ?」
梓「そうですね、行きましょうか」

ガチャッ

唯「うわっ……て―」
梓「律先輩!?」
律「へ?お、お前ら!!」
律(やべっ…合同練習場も行かずに眠ってたことばれたら気まずすぎる……)
唯(い、今がチャンス…りっちゃんの誤解とかなきゃ……!)
梓(えっとえっと~…!うわいやだ!何か気まずい!)
唯「あ、え~っと……ど、どうしたの、りっちゃん!手がぐるぐる巻きだね?」
律「あっ……これは、その…かっ、格好いいだろ!ボクサーみたいでさ!今度は体術学ぼうかな~なんて」シュッシュッ
梓「は、ははは……。―あ、あの…先輩…」
律「――ご、ごめん!私ちょっと行かなきゃ…!じゃな!」ダッ
梓「あっ」
唯「りっちゃん!」
ガンダムバカ「早いな…」
オーナー「う~ん…」ムニャムニャ


【律 逃走確認】
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。