3:330


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

330 :名無しさんなんだじぇ:2010/07/18(日) 00:26:33 ID:s7KBl2QU
~~刹那の隠れ家~~
美琴「極秘工場は見つかった?」
刹那「いや、まだその報告はない。だが……」
?「そこまでですよ、ガンダムバカ」
美琴「その声は……」
刹那「オーナー、ゴースト……」
オーナー「ええ、外にはホンダムも待機していますよ。……私たちがここにいる理由、わかるわね?」
ゴースト「投降してください、ガンダムバカ。でなければ……」
刹那「残念たが、それはできない」
オーナー「それはそうよね、ガンダムバカにも信ずる正義があるのだから」
ゴースト「オーナー……」
オーナー「ねえ、ガンダムバカ。正義って何だと思うかしら?」
刹那「……」
オーナー「正義とはいつの世も不変……というものではなく、常に移り変わるひどく不安定なもの。それでいて世の中の人間が好む言葉」
美琴「……紬さんってただの女子高生よね?」
ゴースト「つっこんだら負けです」
オーナー「現に私と貴方の持つ正義は違う。そうよね?」
刹那「ああ、だからこそこうして対峙している」
オーナー「正解です。では己の中にある正義を貫くにはどうするか、わかりますね?」
美琴「紬さんってただの軽音部員よね?」
ゴースト「あれが悪のカリスマたる所以です」
オーナー「こういう言葉があります。『勝った者が正義』と」
刹那「なるほど、そういうことか」
オーナー「ええ、己の正義を貫くのであれば私の屍を越えていってください」チャキチャキ
美琴「えっ、ちょ……」
ゴースト「いきなりのトゥーハンド……最初から本気ですか、オーナー……」
刹那「……わかった」
美琴「ええーっ!本気なの!?」
刹那「オーナーはその覚悟をしている。ならば俺はそれに応え、俺の正義を貫くだけだ」
オーナー「来なさい、ガンダムバカっ!」
刹那「いくぞ!オーナー!」
オーナー「(ごめんね、唯ちゃん、りっちゃん、梓ちゃん。もう、会えないかも……)」

【互いの正義は食い違い、激突する】

~~たまり場食堂~~
唯「りっちゃんにムギちゃん、来ないね……」
あずにゃん「何、やってるんでしょうね、二人とも……」
唯「ムギちゃんとは最近会えてないなぁ……そんなに忙しいのかなぁ、おーなーって……」

~~控え室~~
律「すー……すー……すー……」
レイ「よく寝るな。いつまで寝ている気なんだ?」
律「澪ぉ……唯ぃ……ムギぃ……梓ぁ……みんな……」ムニャムニャ
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。