3:327~329


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

327 :名無しさんなんだじぇ:2010/07/17(土) 23:50:22 ID:/k01ytWk
部長「原作で悲惨な目にあっているのを見て落ち込むとか贅沢な話よねぇ」
海原「どうしました、竹井さん」
部長「んー、海原君もうちょっと下お願い」
海原「こ、この下って!」
部長「え?ただのマッサージでしょ?なに遠慮してるのよ」
海原(お、おかしい!現世では女体なんて見慣れていたはずなのに!なぜ、こんなにも興奮を…?!)

ビリビリ「あれー、海原君どうしたの?」
海原「ひぃあ?!!」
部長「あら、御坂さん。いえね、海原君がマッサージできるっていうからお願いしてるのよ」
ビリビリ「へー、あたしもお願いしていい?」
海原「あ、あ、あ、あ、あ…」

リリーナ「あれはわざとやっているのでしょうか?」
池田「清澄の部長はともかく、御坂に身体使った誘惑とかできるわけないし」
アーニャ「二人とも絶対安静」
マリアンヌ「感電死直前なのに復活早いのねぇ池田さん」


328 :名無しさんなんだじぇ:2010/07/18(日) 00:06:32 ID:7M6c7Cno
カイジ「ところでビリビリの能力で電気マッサージとか可能なのか? 手加減出来ずに黒こげとかは勘弁なんだが」
とーか「手加減はできるみたいですから可能じゃないんですの? ただあの人が他人にそんなことをするタイプには見えませんけど」
池田「御坂なら最初は断るけど好奇心でやるかもしれないし」


329 :名無しさんなんだじぇ:2010/07/18(日) 00:14:14 ID:uu1R4RZY
ガガガガガガガガ

とーか「あら、救急隊ですわ」
カイジ「誰だろうな」

アーチャー「なんでこんなになるまで我慢したんだ!」
海原「御坂さんが…面白そうだからやってみたいって…」
ビリビリ「死なないで!海原君!」
部長「加減が分からないからって電圧変えて何十回も試すからよ…」

カイジ「黒焦げだな」
とーか「よく生きてますわね」
池田「もう死んでるし!」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。